映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

YOSHIKIがSXSWで演奏披露、映画「WE ARE X」はデザイン部門の観客賞受賞

315

YOSHIKI(X JAPAN)

YOSHIKI(X JAPAN)

X JAPANのドキュメンタリー映画「WE ARE X」が現地時間3月18日、米テキサス州オースティンで開催中のSXSW 2016の24 Beats Per Second部門にて上映された。

映画祭の実施会場の1つであるパラマウント・シアターで行われた上映の前には、監督のスティーヴン・キジャックが登壇。2015年に行われた神奈川・横浜アリーナ公演で会場いっぱいの観客による“Xジャンプ”を目の当たりにしたというキジャックは、「壮観だった」と振り返る。また映画タイトルの意味について「映画を観てくれたら、『WE ARE X』という言葉が意味する真実がわかる」と観客に呼びかけた。

上映後はスクリーンの幕がロールアップし、X JAPANのYOSHIKI(Dr, Piano)とストリングスカルテットが登場。YOSHIKIは1曲ごとに解説を入れながら「Forever Love」やチャイコフスキー「白鳥の湖」などを披露していく。

またYOSHIKIは「今年は悲しいことが多い年だ。過去に自分のクラシックアルバム『Eternal Melody』で監修を手がけたジョージ・マーティンと、対談経験のあるデヴィッド・ボウイが亡くなったことを悼み、デヴィッド・ボウイの曲を演奏することを昨日、決めました」と話し、デヴィッド・ボウイの楽曲「Space Oddity」をクラシックバージョンで演奏。そして「HIDE、TAIJI、そして父に捧げます」と述べ、「Without You」を観客に届けた。

その後「うれしいニュースがある」と口火を切ったYOSHIKIは、「PATA(G)が無事に退院しました。これからもX JAPANは突き進んでいきます」と発表。観客からは大きな拍手が湧く。

会場では「自分も親がいなくなってしまって、悲しくて仕方がなかったけれど、X JAPANの音楽に救われた。本当にありがとう」と泣きながらYOSHIKIに思いを伝える現地ファンの姿も見られた。またYOSHIKIは「WE ARE X」制作の話が持ち上がった際、X JAPANにおいてさまざまなつらい経験があったことから、あまり乗り気ではなかったことに触れ「今回の映画を通して、開けてはいけない記憶のドアを開けたことによって、気持ちが晴れた」と明かした。

「WE ARE X」は同映画祭で優れたタイトルデザインを有する映画に与えられるEXCELLENCE IN TITLE DESIGN部門の観客賞を受賞した。

映画ナタリーをフォロー