X JAPAN「WE ARE X'mas上映会」にYOSHIKI登壇、鉄拳とのコラボ約束

259

X JAPANのドキュメンタリー「WE ARE X」の応援上映会が本日12月25日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、トークショーにYOSHIKIが登壇した。

YOSHIKI(X JAPAN)

YOSHIKI(X JAPAN)

大きなサイズで見る(全9件)

動画を撮りながら客席通路を歩くYOSHIKI(X JAPAN)。

動画を撮りながら客席通路を歩くYOSHIKI(X JAPAN)。[拡大]

動画を撮りながら客席通路を歩くYOSHIKI(X JAPAN)。

動画を撮りながら客席通路を歩くYOSHIKI(X JAPAN)。[拡大]

Blu-ray / DVDが発売されたことを記念して「一夜限りの『WE ARE X』'mas上映会」と題し行われた本日の上映会。会場にはコスプレをしたファンが集まり、サイリウムを手に持って映画を鑑賞した。スマートフォンで動画を撮りながら客席の通路を歩きステージに上がったYOSHIKIは「We are!」と叫び、ファンから「X!」と返されるおなじみのコール&レスポンスでトークショーをスタートさせる。

YOSHIKI(X JAPAN)とファン。

YOSHIKI(X JAPAN)とファン。[拡大]

映画を25回観たというファンからの「今後、続編は出ますか?」という質問に対して、YOSHIKIは「『WE ARE X』を作るのに覚悟が必要でした。X JAPANはこの映画の題材であって、精神的にも大変な時期を過ごした末にこの映画が生まれました。映画が完成したあとに、PATA(G)が倒れたり、イギリスのウェンブリー公演が終わったら今度は僕が首の手術をしたりいろいろありました。もし続編を作るなら“死”とか“洗脳”じゃなくて、もうちょっと幸せな内容になるといいですね。結婚とか」と答え、笑いを誘った。

続いて夢を追い求めることについて聞かれると、「みんなは夢を夢だと思うだろうけど、僕は夢は必ず現実になると思っているので、それを信じて突き進んでいます。夢を夢のままでは終わらせないということが大切だと思います」とアドバイス。さらにYOSHIKIは「昔は“破滅の美学”みたいなものを信念に持っていました。でも首の2回目の手術を受けたこともあるので、これからは“継続の美学”を大切にしたいです。ドクターストップがかかってるから、無茶をしたらまた手術が必要になるかもしれない。でもロックバンドだから静かに叩くわけにはいかないんです。これに関しては葛藤がありましたけど、近いうちにドラムを叩く姿を見せられると思います」とドラマーとしてのカムバックを改めて宣言し、ファンを喜ばせた。

左から鉄拳、YOSHIKI。

左から鉄拳、YOSHIKI。[拡大]

イベントでは額に「X」と描いた鉄拳が、壇上へと招かれる場面も。鉄拳はYOSHIKIがドラムを叩く後ろ姿を描いたイラストをプレゼント。2018年の目標を問われた鉄拳は「X JAPANさんとのコラボ」を挙げ、「ぜひミュージックビデオの別バージョンを僕のパラパラマンガで……」と話すと、YOSHIKIも新曲を送ることを約束した。

去り際のYOSHIKI。

去り際のYOSHIKI。[拡大]

最後に2018年の抱負をYOSHIKIは「毎年聞かれるんですけどね。やっぱりアルバムを出せるようにしたいのと、体が悪かったこともあったけど、元気になって激しいステージができたらと思っています。いつもバンドを支えてくれる皆さんにとってもいい1年になるよう、心から祈っています」と語り、イベントの幕を閉じた。

この記事の画像(全9件)

関連記事

YOSHIKIのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 WE ARE X / YOSHIKI / X JAPAN / 鉄拳 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。