映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

冨永昌敬の「ローリング」ほか千葉県で初上映の作品多数、第8回ちば映画祭が開催

112

「ローリング」 (c)2015「ローリング」製作委員会

「ローリング」 (c)2015「ローリング」製作委員会

3月20日、21日に千葉・千葉市生涯学習センターにて「第8回ちば映画祭」が開催される。

同映画祭は千葉初上映となる作品の中から若手監督の作品を中心に構成。3月19日の前夜祭も含めた3日間で、ゲストを招いてのトークやライブイベントが行われる。冨永昌敬の「ローリング」や、中野量太の「沈まない三つの家」の上映にあわせて各監督のトークショーが開催されるほか、ミケーレ・ソアヴィのゾンビ映画「デモンズ'95」など多数紹介。「杉田協士監督特集」では「カモメ」をはじめ新作短編など5作品が上映され、監督本人も登壇する予定だ。

千葉市で撮影された映画のパネル展や映画祭のオリジナルグッズ、飲食物の販売も行われる3日間。この機会に、より広く深く映画の世界に触れてみては。チケットなどの詳細は公式サイトにて確認しよう。

第8回ちば映画祭

2016年3月19日(土)~21日(月・祝)千葉県 千葉市生涯学習センター
※19日は前夜祭
<上映作品>
「ローリング」
「カモメ」
「河の恋人」
「遠くの水」
「悪友の面影」
「グレイト・グランマ・イズ・スティル・アライブ」
「あとのまつり」
「したさきのさき」
「海辺の暮らし」
「沈まない三つの家」
「ぼくらのさいご」
「pray」
「みんな蒸してやる」
「劇場版 復讐のドミノマスク」
「デモンズ'95」ほか
<イベント登壇者(予定)>
冨永昌敬 / 川瀬陽太 / 杉田協士 / 村松正浩 / 加瀬正顕 / 中野量太 / 安川有果 / 室谷心太郎 / 細身のシャイボーイほか
前売り料金:1プログラム券 800円 / 2プログラム券 1200円 / 1日通し券 2000円
当日料金:1プログラム券 1000円 / 2プログラム券 1500円 / 1日通し券 2500円
※高校生以下は入場無料

映画ナタリーをフォロー