映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

新井浩文、横浜聡子の次回作で津軽弁解禁!?「俳優 亀岡拓次」トークショー

145

左から横浜聡子、新井浩文。

左から横浜聡子、新井浩文。

本日1月28日、「俳優 亀岡拓次」の公開を記念した上映イベントが東京・ヒューマントラストシネマ渋谷にて開催され、監督の横浜聡子とゲストの新井浩文がトークショーに出席した。

戌井昭人の同名小説を原作とした「俳優 亀岡拓次」は、安田顕が演じる脇役専門俳優・亀岡拓次の恋と人生を描いたハートフルコメディ。新井はVシネマの監督に扮し、横浜組に初参加している。この日のイベントでは、横浜が過去に手がけた「ジャーマン+雨」「ウルトラミラクルラブストーリー」の2本を上映。前日に生放送番組に出演したという新井が「昨日は猫を被っちゃったから、今日はサービスしようかな」と宣言した通り、同学年で青森県出身という共通点を持つ2人は終始リラックスムードでトークを展開した。

横浜は新井のデビュー当初から作品を観ていたというが、「自分の作品のテープを渡したくて、『ゲルマニウムの夜』のトークショーに通いました。でも新井さん、大森立嗣監督、荒戸源次郎さんが3人でいると怖くてなかなか近付けなくて……」と苦い思い出を振り返る。一方、知り合いのプロデューサーを通じて顔を合わせ、横浜にもらったDVDで「ジャーマン+雨」を観たという新井は「なんじゃこの面白い映画!」と興奮したと述懐。そして「横浜さんの作品って、シュール。笑いづらいんですけど、笑っていいんですよ! うちは爆笑しました」と観客に楽しみ方を伝授する。

横浜作品への出演を熱望していたという新井は「横浜さんと仕事するときは、絶対にうちが主演でって。それぐらいの思いがあったんです」となみなみならぬ気持ちを口にするが、「俳優 亀岡拓次」での新井の出番はごくわずか。オファーを受けた際に、新井は「もちろん出たいけど(初出演は)主演のほうがロマンチックじゃない?」と主張したそうだが、横浜は出番の少ない役だからこそ新井に演じてほしかったという。「早く新井さんとお仕事したかった」と本音を明かしつつ、横浜は新井との撮影を振り返って「すごく楽しかったんですよ!」と笑顔を見せた。

また、自身の作品を一言で例えるならば「パンク」だと答える横浜。デビュー当時はアナーキーな役を演じることが多かった新井について「色気がありすぎてですね……」と魅力を語り、本人を照れさせる。「新井を主演に迎えるなら?」という話になると、「舞台は青森ですか? 津軽弁ですか?」と身を乗り出して質問する新井に、横浜からは「場所は東京ですけど、青森の言葉をしゃべります」との返答が。新井は「とうとう津軽弁出すんですか? うちが? それやっちゃうと、周りの人ポカーンってなっちゃいますよ」と心配しつつ、実現への期待をのぞかせる。

最後に「俳優 亀岡拓次」のオススメシーンを聞かれた新井は、亀岡のモデルの1人でもある俳優・宇野祥平の名前を挙げ、「宇野さんのハゲ散らかし方がすごくて! うちと1歳しか違わないのにあれはないですよ。ぜひ注目してください!」と、親しい間柄だからこそ言えるニッチな見どころを伝えた。

「俳優 亀岡拓次」は1月30日に全国ロードショー。

映画ナタリーをフォロー