映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

安田顕、三田佳子の胸を命懸けで揉んだと「俳優 亀岡拓次」試写会で告白

228

「俳優 亀岡拓次」完成披露試写会の様子。左から横浜聡子、麻生久美子、安田顕、三田佳子。

「俳優 亀岡拓次」完成披露試写会の様子。左から横浜聡子、麻生久美子、安田顕、三田佳子。

本日1月19日、「俳優 亀岡拓次」の完成披露試写会が東京・テアトル新宿で行われ、上映前にキャストの安田顕麻生久美子三田佳子、監督の横浜聡子が登壇した。

本作は、安田扮する脇役俳優・亀岡拓次の恋と人生を描くハートフルコメディ。麻生は亀岡が恋する居酒屋の若女将・安曇、三田は亀岡が憧れる舞台女優・松村夏子を演じている。

安田は亀岡拓次として演じた数々の役の中でのお気に入りを聞かれると、「どの役も比べようがないんですけど、撮影中に印象的だったのは銃で撃たれるホームレス役をやらせてもらったときですね」と回答。「撃たれて倒れたまま待ってたんですけど、通りがかった一般の方から本当のホームレスに間違われまして。『なんでこんなとこに寝てんだよ、早く誰かに言ったほうがいいんじゃないのか』というようなことを言われてたんですよってスタッフに聞いたとき、『ああよかった。役作りができた』と思いました」と述べる。

初共演を果たした安田について、麻生は「すごく寡黙な方という印象を持ちました。なので、こんなによくしゃべる方なんだってこないだ初めて知って、ちょっとびっくりしたんです」とコメント。安田は「情緒不安定なんです」と言って笑わせ、麻生に対して「本当に女将さん役がすごくお似合いで、お酒のCMでも来ないかなと思うぐらい。そのときはぜひ私をお客の役で使っていただきたいですね」と希望した。

三田は出演オファーを受けた際の感想について、「これまでやったことのないとんでもない役だと思いまして。できるかな、と」と不安だったことを吐露。また、劇中で胸を亀岡に揉まれるシーンに言及し、「私が、ないおっぱいを揉め揉めって言うんですよ」と話すと、安田が「人生で、こんなに命懸けで女性の胸を揉んだのは初めてです」と打ち明け爆笑を誘った。

イベントでは、登壇者がそれぞれの抱負をしたためた書き初めを披露。安田の書き初めはうねった字で「ほどほどに 浴びるほど 顕」と書かれており、MCから理由を聞かれると「左手で書きました。相田みつをさんみたいに見えるんですよね」と述懐。「うちの父が、今の自分と同じ歳の頃にお酒のせいで初めて病気をしまして。そのときに『40を過ぎるといろいろ体にガタが来るからお前も気をつけろよ。酒はほどほどに浴びるほど飲め』と言われましたので」と、抱負について説明した。また、麻生の「肉体改造」という抱負を見た安田は、「ライザップですか!?」と質問。「前より締まった感じがしますね」と述べ、麻生に「嘘ばっかり!」と笑われる場面も。

続いて三田が披露した抱負は「止めて!!」というもの。意味を聞かれた三田は、「私、少し休みが欲しいんです!」と訴えつつ「ありえないような舞台を受けちゃったんです。本当は休むはずなのに。2月の19日からパルコで。あ、パルコじゃないわ」とマイペースなトークを繰り広げる。安田は「これ『俳優 亀岡拓次』のイベントです」とツッコみながらも、「三田さんの舞台(『スーベニア 騒音の歌姫』)は2月19日から、シアターコクーンで上演されます。麻生さんも舞台があるそうです」と誘導。麻生が「いいんですか? 2月5日からシアタートラム(『同じ夢』)です」と宣伝し、会場は大きな笑いに包まれた。

「俳優 亀岡拓次」は1月30日より全国ロードショー。

映画ナタリーをフォロー