映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

山田洋次、竹下景子らが「男はつらいよ」寅さん記念館リニューアルセレモニーに出席

7

葛飾柴又寅さん記念館リニューアルオープンセレモニーの様子。左から青木克徳葛飾区区長、徳永ゆうき、山田洋次、竹下景子。

葛飾柴又寅さん記念館リニューアルオープンセレモニーの様子。左から青木克徳葛飾区区長、徳永ゆうき、山田洋次、竹下景子。

東京・葛飾柴又寅さん記念館のリニューアルオープンセレモニーが実施され、山田洋次竹下景子らが出席した。

葛飾柴又寅さん記念館は、渥美清が主演を務めた「男はつらいよ」シリーズの世界を体感できるスポット。映画で実際に使用されたセットや資料、ジオラマ模型などを観ることができる。

12月19日に行われたセレモニーには、まず記念館の名誉館長である山田が登壇し、続いて「男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎」などでマドンナ役を務めた竹下が登場。竹下は「この寅さん記念館は年々魅力が深くなっていくと感じています。私は3作品に出演させていただきましたけれども、今作品を観返すとその当時よりももっともっと楽しめます」「今回は『鉄道の旅』に重点を置いたリニューアルですが、日本の方にはもちろん、海外からのお客様にも日本の風景の美しさや心の温かさを感じていただけると思います」と語った。

一方山田は、「渥美清さんが亡くなって20年経った今、僕たちは失ってはならないものを失ったということに気付き始めている。今回のリニューアルポイントの『鉄道の旅』ですが、当時の鉄道は埃っぽく、座席が硬く、油臭く、でも味わいがあって、他の乗客と話をしたりして人とつながれる場所だった。この記念館はそういうことを思い出して、あの頃に帰りたいと思えるような場所。10年後20年後もそういう場所であり続け、皆さまに足を運び続けていただけるような場所であってほしいです」と、名誉館長としての思いを述べた。

ここで、山田の監督最新作「家族はつらいよ」で“調子のいいうなぎ屋”を演じた演歌歌手・徳永ゆうきが、「男はつらいよ」の同名主題歌を歌いながらサプライズ登場。徳永は、「(自分は)48作目(「男はつらいよ 寅次郎紅の花」)が公開された年に生まれたんですが、祖父と父がその作品の舞台である奄美大島の出身なんですよ。なので映画を観ていると、懐かしいなと思う風景が出てきたり、これ親戚のおっちゃんが歌ってたなーっていう歌が聴ける。今回の展示のポイントは『鉄道の旅』ですが、僕は鉄道が大好きなんです。今朝も京成線に乗ってきました。ご乗車ありがとうございますー!」と車内アナウンスのモノマネを披露し、会場から拍手を送られていた。

「家族はつらいよ」は、とある一家が直面した熟年離婚問題をめぐるホームコメディ。3月12日より全国で公開される。

映画ナタリーをフォロー