映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

土屋太鳳、「orange」ロケ地凱旋イベントで「愛情のバトンのような作品」と述懐

884

「orange-オレンジ-」松本凱旋イベントの様子。左から清水くるみ、山崎紘菜、山崎賢人、土屋太鳳、竜星涼、桜田通。

「orange-オレンジ-」松本凱旋イベントの様子。左から清水くるみ、山崎紘菜、山崎賢人、土屋太鳳、竜星涼、桜田通。

12月12日、「orange-オレンジ-」の凱旋イベントが長野・松本シネマライツにて行われ、キャストの土屋太鳳山崎賢人竜星涼山崎紘菜桜田通清水くるみ、監督の橋本光二郎が登場した。

この日、まず東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで公開初日舞台挨拶を行ったキャストは、続いて“最初で最後の卒業旅行”と称し、ロケ地・松本に凱旋。松本シネマライツの劇場内に敷かれた約40mの“オレンジカーペット”を、地元のファンに囲まれながら歩いた。イベントでは撮影中にキャストが訪れた長野・四柱神社の宮司も登場し、映画の大ヒットを祈願した絵馬を土屋らに贈った。後日、この絵馬にキャストが直筆で記入したものが映画の公開終了まで松本シネマライツにて展示され、その後、四柱神社に奉納される予定だ。

続いて、監督の橋本も加わり、松本シネマライツ劇場内にて舞台挨拶を実施。MCから「皆さんにとって『orange-オレンジ-』はどのような作品でしたか?」と質問されると、土屋は「愛情のバトンのような作品」だと答え、山崎賢人は「『今を大事に生きていこう。仲間は大事だな』と心から思えた作品でした」と語った。

「orange-オレンジ-」は、高野苺のコミックを原作とするSFラブストーリー。未来の自分から届く手紙を頼りに、同級生の成瀬翔を事故死から救おうとする主人公・高宮菜穂の姿を描く。菜穂を土屋、翔を山崎賢人が演じた。

土屋太鳳 コメント

皆さんに愛情を注いでいただいた作品が無事に公開になりました。こんな素晴らしい日に松本に来ることができてうれしいです。監督と、この5人と出会えたことに感謝しております。「orange-オレンジ-」は本当にみんなでその瞬間を生きた“愛情のバトン”のような作品でした。皆さんとつながるバトンでもあります。

山崎賢人 コメント

公開初日に松本に来れたことを本当にうれしく思っております。皆さんの協力のおかげで本当に素晴らしい作品に仕上がっていますし、こんなに素敵なオレンジカーペットまで歩くことができて本当に素敵な1日です。
本当に幸せな作品でした。「今を大事に生きていこう。仲間は大事だな」と心から思えた作品でした。

竜星涼 コメント

松本シネマライツさんには撮影中に足を運ばせていただき、映画を観ていたのでまた伺うことができてうれしいです! ドキュメンタリーではないけれど、それに近いくらいみんなが本当に仲良くなって、この松本で学生の頃に戻った気分になれました。

山崎紘菜 コメント

今日ここで皆さんとお会いできて本当にうれしく思っています。皆さんがいなければ映画は完成しません。「orange-オレンジ-」は多くの方々との出会いをもたらしてくれたとても大切な作品になりました。

桜田通 コメント

「orange-オレンジ-」が生まれた土地・松本で舞台挨拶ができること、こんなに素敵なオレンジカーペットを歩けることが本当にうれしいです。長野で役を背負って生きていた姿を監督が素敵につないでくれました。

清水くるみ コメント

本当にたくさんの方に来ていただけてうれしいです! 修学旅行に来たみたいで本当に楽しいです! 今までで一番幸せな初日になりました。この5人と松本で過ごした時間は私の財産です。いくつになってもこの友情は消えてほしくないし、10年後もまた会いたいです。

橋本光二郎 コメント

この映画は松本という土地と生活をされている方々のおかげでできました。キャスト・スタッフ全員で心を込めて作りました。自分も高校生の頃つらいことがあると映画を観ていました。皆さんにとっても宝物になってくれるとうれしいです。

(c)2015「orange」製作委員会 (c)高野苺/双葉社

今週の動画PR

  • 「映画プリキュアミラクルユニバース」
    「プリキュア」シリーズの映画最新作では、劇場版の応援アイテム “ミラクルライト”の秘密が明らかに!? そんなライトを使った楽しみ方をご紹介。

映画ナタリーをフォロー