映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

袴田事件、名張毒ぶどう酒事件の死刑囚と家族に迫るドキュメンタリーが劇場公開

69

「ふたりの死刑囚」 (c)東海テレビ放送

「ふたりの死刑囚」 (c)東海テレビ放送

仲代達矢がナレーションを担当したドキュメンタリー「ふたりの死刑囚」が、1月16日より劇場公開される。

本作は、死刑囚とその家族を追い、彼らの人生を映し出したもの。1966年に静岡県で起きた「袴田事件」において強盗殺人放火の罪で逮捕され、2014年の釈放後も死刑囚として再審を待つ袴田巌、そして1961年に三重県で起きた「名張毒ぶどう酒事件」で容疑をかけられ、獄中から冤罪を訴え続けた奥西勝に焦点を当てる。

製作は、これまでに「名張毒ぶどう酒事件」に関するドキュメンタリーを5本手がけてきた東海テレビ放送。仲代が出演した「約束~名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯~」の監督・齊藤潤一がプロデュースを行い、鎌田麗香が監督を務めている。なお本上映は、2015年10月に奥西が死去したことを受けて、急遽開催されるはこびとなった。

「ふたりの死刑囚」は、東京・ポレポレ東中野ほか全国にて順次公開。

映画ナタリーをフォロー