東海テレビのドキュメンタリー「おかえり ただいま」予告編公開

77

東海テレビドキュメンタリー劇場の第13弾「おかえり ただいま」の予告編がYouTubeで公開された。

「おかえり ただいま」ポスタービジュアル

「おかえり ただいま」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全14件)

2007年8月、深夜に帰宅途中の女性が拉致、殺害、遺棄された「名古屋闇サイト殺人事件」をテーマとした本作。事件発生直後から被害者の母を取材してきた東海テレビは、ドキュメンタリー「罪と罰~娘を奪われた母 弟を失った兄 息子を殺された父~」を2009年に放送している。「おかえり ただいま」では事件直後からの長期取材にドラマパートを加え、ドキュメンタリーだけでは表現し切れなかった母娘の姿、さらに加害者の生い立ちを描き出す。ドラマパートで斉藤由貴が母、佐津川愛美が娘を演じたほか、浅田美代子、大空眞弓、須賀健太、天野鎮雄、矢崎由紗も出演した。

「おかえり ただいま」

「おかえり ただいま」[拡大]

「おかえり ただいま」

「おかえり ただいま」[拡大]

予告には、斉藤演じる母が涙する姿や、被害者の母・磯谷富美子氏が街頭に立つ様子が切り取られた。磯谷氏の「風化させたくない」という言葉も収録されている。

「おかえり ただいま」は東京・ポレポレ東中野ほか全国で9月中旬より順次公開される。監督・脚本を「約束~名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯~」の齊藤潤一、プロデュースを「ヤクザと憲法」の阿武野勝彦が担当した。

この記事の画像・動画(全14件)

関連記事

斉藤由貴のほかの記事

リンク

(c)東海テレビ放送

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 おかえり ただいま / 斉藤由貴 / 佐津川愛美 / 齊藤潤一 / 阿武野勝彦 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。