映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ゆるめるモ!映画館で仮装ライブ、主演作は「この6人だから見える景色描いてる」

116

「『女の子よ死体と踊れ』“ハロウィン”ライブ付き初日舞台挨拶」の様子。

「『女の子よ死体と踊れ』“ハロウィン”ライブ付き初日舞台挨拶」の様子。

10月31日、東京・シネマート新宿にて「『女の子よ死体と踊れ』“ハロウィン”ライブ付き初日舞台挨拶」が開催され、主演のゆるめるモ!と監督の朝倉加葉子が登壇した。

「女の子よ死体と踊れ」は、ゆるめるモ!が初の映画主演を務めたガーリーホラー。清掃会社で働く女の子たちが、森の中で少女の死体を発見することから物語が展開する。

この日の本編上映前にはメンバーがシネマート新宿の制服を来て観客を出迎え、映画のストーリーにちなんだ“誰でも死体になれる”三角頭巾や、ハロウィンにあわせた菓子を配布。そして上映後には、ゆるめるモ!初となる映画館でのライブが間髪入れずにスタートした。映画のスペシャルCD「女の子よ死体と踊れ」を曲順通りに披露するセットリストで、最後の「人間は少し不真面目」では背景の劇場スクリーンにMVが映し出された。

そしてライブ終了後には、朝倉も参加するトークコーナーが設けられた。ようなぴは、三角頭巾を付けた観客を前に「皆さん、この死人の三角巾を付けていただいて、愉快な感じになっていてよかったです。これから公開なので盛り上がっていったらいいなと思います」と挨拶。ちーぼうは「この映画は内容が複雑で、理解するのに時間がかかったので、私は。今日だけじゃなく、何回も観てほしいなって思います」とファンに訴えかけた。

ハロウィンの仮装コスチュームで登場したメンバーたち。テーマを聞かれるとしふぉんは「チェシャ猫」、ちーぼうは「フランスで売れ残った人形」、ようなぴは「無難に悪魔」、けちょんは「『ジキルとハイド』みたいな二重人格の人の昼間の顔」、もねは「『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』のめんま」と、それぞれ発表していく。赤ずきんの格好をしたあのは「てんとう虫です」と答えてMCを驚かせ、「てんとう虫がやりたいなと思って、売ってなかったから、これでいいかって」と説明する。

演出をして印象に残ったシーンについて聞かれた朝倉は、「いろいろなことに初めて挑戦してもらったと思うんですけど、クライマックスの踊るシーンは、最後に撮ったので。踊っている彼女たちが一番魅力的だなあと胸に残りました」と答えた。

最後に一言を求められ、ようなぴは「実際映画を観てみて、この6人が今ゆるめるモ!として活動しているからこそ見えてくる景色が、この映画の中でも描かれているんじゃないかなと思いました」とコメント。「ホラー映画なんですけど、生きる、死ぬとか重いテーマも少しだけこの映画から感じとってもらえたらいいなあと思います」と話すあのは、観客に対し「ここに集まってくれた幽霊の方々、ありがとうございました」と感謝を述べる。そしてしふぉんが「今のゆるめるモ!もこれからのゆるめるモ!も好きでいてもらいたいし、いろんなスタッフさんとかメンバーとかまわりの方に支えてもらってできた1本なので」と思い入れを明かし、劇中曲「その他のみなさん」に絡めて「ゆるオタの皆さんにも、“その他のみなさん”にも好きでいてもらえたらいいなと思います」と締めくくった。

映画ナタリーをフォロー