映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

三池崇史、メキシコの映画祭にて「極道大戦争」で最優秀監督賞を受賞

42

第48回シッチェス・カタロニア国際映画祭での三池崇史(右)。(c)2015「極道大戦争」製作委員会

第48回シッチェス・カタロニア国際映画祭での三池崇史(右)。(c)2015「極道大戦争」製作委員会

三池崇史が、「極道大戦争」で第6回オアハカ映画祭の最優秀監督賞を受賞した。

オアハカ映画祭は2010年にメキシコ・オアハカシティで始まった映画祭。「極道大戦争」が出品されていた外国長編部門には20カ国から100本の作品が集まった。日本人が同映画祭で受賞を果たしたのは今回が初めて。

現在、第48回シッチェス・カタロニア国際映画祭に参加するためスペインに滞在中の三池は、オアハカ映画祭の授賞式に向けて「ハラペーニョの缶詰を丸ごと食べたような衝撃と喜び! オアハカ映画祭関係者の皆様と『極道大戦争』を観てくれたお客様、そしてここにお集まりの皆様に心より感謝します。映画万歳!」とコメント。また、日本に向けては「驚きました。感動そして感謝です。やっぱりメキシコは凄い国ですね。どう凄いかは、BD・DVDでお確かめ下さい」とメッセージを送った。

11月3日にBlu-ray / DVDがリリースされる「極道大戦争」は、噛んだ人間をヤクザに変えてしまう“ヤクザヴァンパイア”を描いたアクションエンタテインメント。「神様のパズル」でも三池とタッグを組んだ市原隼人が、ヤクザヴァンパイアとして覚醒していく主人公・影山亜喜良を演じた。

極道大戦争 プレミアム・エディション

2015年11月3日(火・祝)発売
発売元:日活
販売元:ハピネット
価格:Blu-ray 5616円 / DVD 4536円

映画ナタリーをフォロー