映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「すべて市原隼人のせい」、三池崇史が語る「極道大戦争」制作秘話

506

左から三池崇史、市原隼人。

左から三池崇史、市原隼人。

本日4月20日、「第15回 三池崇史監督 presents 大人のだけの空間」と題された「極道大戦争」トークショー付特別試写会が東京・ビルボードライブ東京で行われ、三池崇史が登壇した。

これは200名の当選枠に対して約1万前後の応募が集まるほどの人気試写会で、三池が毎回変わる多彩なゲストとトークを行うもの。今回は三池の最新作「極道大戦争」で主演を務めた市原隼人がゲストとして登場した。敏感肌ゆえに刺青も入れられない半端者のヤクザ影山亜喜良を演じた市原は「クレイジーでぶっ飛んだ作品です。こんな現場を体験したのは初めてでした」と撮影を振り返った。

「極道大戦争」は、噛んだ人間をヤクザに変えてしまう“ヤクザヴァンパイア”を描いた極道エンタテインメント。三池が原点回帰と語る完全オリジナルストーリーで、人間が次々とヤクザに変わっていく世界が舞台となる。

トークショーでは、飲みの場で“噛まれるとヤクザになる”というコンセプトが決まったことを明かした三池。自身でもどのような映画になるか想像もつかなかったそうで、「市原君が主演をやるかもしれないとなってきたとき、自分の中のイメージが全体的に加速していった」と制作の過程を告白する。続けて「だから映画を見て“これはどうなんだろう”と思うシーンなどがあったら、それはすべて市原隼人のせいです」とユーモアたっぷりに語った。

また、ポスターに写る緑色のカエルを指しながら「もし街でこいつに出会ったら、気をつけたほうがいい」と三池が語ると、「映画の中で進化しますよね、想像もつかない姿に」と市原が返すなど、まだ発表されていない細部にまで話が及ぶ場面も。

最後に観客に向けて三池が「子供の頃に返って、いいところを楽しむように観てもらわないと大変なことになる」と自虐的にアピール。市原は「いろんなキャラクターが出てきて僕は2時間ずっと笑いっぱなしでした。いろんな観点から楽しんでもらえたらうれしいです」と語り、イベントを締めくくった。

「極道大戦争」はTOHOシネマズ 新宿ほか全国にてロードショー。

映画ナタリーをフォロー