映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

吹越満が娘の友達に求愛される父親役、ややこしい純愛物語「友だちのパパが好き」

73

吹越満主演「友だちのパパが好き」が12月19日より東京・ユーロスペースほかで公開される。またこの公開に先駆け、10月22日から開催される第28回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門に出品されることが決定。YouTubeにて予告編も公開された。

「友だちのパパが好き」は、友人の父親を好きになり、人間関係も常識もかえりみずアタックし続ける女・マヤの純愛を描く作品。このたび公開された映像では、家族、恋人、愛人、先生、そして同僚といった人々を巻き込んだ“ややこしい”恋模様の一部を垣間見ることができる。

監督を務めるのは、ソフトバンクモバイルのCM「白戸家」を手がけ、演劇プロデュースユニット“城山羊の会”の劇作家・演出家として第59回岸田國士戯曲賞を受賞した山内ケンジ。デビュー作の「ミツコ感覚」に続き、これが2本目の監督作となる。「冷たい熱帯魚」の吹越がマヤに惚れられる男・恭平を、「ピンクとグレー」の岸井ゆきのがその娘・妙子を、「超能力研究部の3人」の安藤輪子がマヤを演じるほか、石橋けい平岩紙宮崎吐夢らも出演。

「友だちのパパが好き」は第28回東京国際映画祭の期間内、10月23日、27日に上映される。

※記事初出時、キャラクター名に誤りがありました。お詫びして訂正します。

映画ナタリーをフォロー