「ノマドランド」 (c)2021 20th Century Studios. All rights reserved.

アカデミー賞直前!ノミネート作品の配給・宣伝担当は今、何を思う? 第3回 [バックナンバー]

「ノマドランド」「プロミシング・ヤング・ウーマン」「サウンド・オブ・メタル」

自信度は2300%! / 鑑賞後の衝撃なら負けない / 大胆なサウンドデザインが土台に

77

第93回アカデミー賞授賞式が、いよいよアメリカ現地時間4月25日に開催される。作品の日本配給に関わるスタッフは、授賞式までの日々をどんな気持ちで過ごしているのだろうか? 映画ナタリーでは、作品賞にノミネートされた全8作品の配給・宣伝担当者にアンケートへの回答を依頼。他作品には負けない推しポイントや、ライバル作品などを答えてもらった。

連載最終回では、「ノマドランド」「プロミシング・ヤング・ウーマン」「サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~」担当者の回答を紹介する。前哨戦を総なめにし、他回答者の多くがライバル作品としてその名を挙げた「ノマドランド」。宣伝担当者の“自信度”は果たして?

/ 浅見みなほ

「ノマドランド」

「ノマドランド」 (c)2021 20th Century Studios. All rights reserved.

「ノマドランド」 (c)2021 20th Century Studios. All rights reserved.

クロエ・ジャオが監督、フランシス・マクドーマンドが主演を務めた、現代の“ノマド(遊牧民)”を描くロードムービー。車上生活を余儀なくされた60代の女性が季節労働の現場を渡り歩くさまを、アメリカ西部の大自然とともに映し出す。現在全国で上映中。

回答者

宣伝担当

作品の見どころ、推しポイント

ひとつあげるなら、監督、役者、撮影や音響など、すべての部門のスタッフたちが、リアリティを追求したことで生まれた圧倒的な没入感です!
スタッフはたったの23名という少数精鋭で撮影されたようで、キャスト、スタッフ、撮影に協力してくださった実際のノマドたちの距離感の近さも、本当にノマドの生活に立ち会っているかのような没入感を生むカギになっているのだと思います。

作品賞受賞への自信度 / ここだけは他作品に負けない!というポイント

23名の撮影クルーの想いを100%ずつ背負って、2300%!

ライバル視している作品 / 個人的に気になるノミネート作品

ありません! 本作が最有力と信じてやみません!
しかしながら、個人的には同じアジア圏代表として、「ミナリ」の活躍も気になります。

作品賞以外のノミネート部門へのコメント

まずはクロエ・ジャオには監督賞で初のオスカー像を手に取ってほしいですね! そして、フランシス・マクドーマンドが主演女優賞を獲ったら、今度はどのようなスピーチが聞けるのかもとても気になります。
またジャオ監督とこれまでもタッグを組んできた撮影監督のジョシュア・ジェームズ・リチャーズの撮影賞にも注目いただきたいです。

今年のアカデミー賞に期待していること

毎年歴史的なハイライトが巻き起こっていくアカデミー賞授賞式ですが、今年もどんなサプライズが待ち受けているのか楽しみにしています。ひょっとしたら、本物のノマドの登場も!?

「プロミシング・ヤング・ウーマン」

「プロミシング・ヤング・ウーマン」 (c)Universal Pictures

「プロミシング・ヤング・ウーマン」 (c)Universal Pictures

ドラマ「ザ・クラウン」などに出演したエメラルド・フェネルの長編監督デビュー作。ある事件で医大を中退し、カフェの店員として平凡な毎日を送るキャシーの復讐劇が描かれる。「わたしを離さないで」のキャリー・マリガンが主演を務めた。7月16日より東京・TOHOシネマズ 日比谷、シネクイントほか全国でロードショー。

回答者

株式会社パルコ エンタテインメント事業 映画事業 赤澤未緒

作品の見どころ、推しポイント

重いテーマと相反する娯楽性の高さです。性犯罪に関する忌まわしい過去への復讐劇という一見非常にシリアスな物語を、可愛い衣装や映像・名ポップス揃いの使用楽曲・アップテンポな物語展開…と、内包する強烈なメッセージを打ち出しすぎず、敢えて娯楽性を高くし間口を広げた潔いクレバーさとその独創性に注目頂きたいです。

作品賞受賞への自信度 / ここだけは他作品に負けない!というポイント

自信度はそこまで高くないのですが…鑑賞後の衝撃の大きさは他作品に負けないと思います。作中で提起される問題は日本に住む私達にとっても非常に身近かつリアルで、誰もが自身の経験を重ねガツンと殴られたような感覚になるはず。また、ネタバレ厳禁・予想できない終盤の展開は思わず呼吸を忘れるほどセンセーショナルです。

ライバル視している作品 / 個人的に気になるノミネート作品

本作と同じく女性監督で監督賞にもノミネートされている「ノマドランド」です。今年は監督賞史上初の女性監督複数ノミネートになったとのことで、作風は全く異なる作品ですが、共にウーマンパワーを盛り上げる戦友として勝手にライバル視させて頂いております。

作品賞以外のノミネート部門へのコメント

難しい役どころを見事に演じたキャリーの主演女優賞は勿論、脚本賞受賞にも期待しています。ロマコメとスリラーを見事に融合させた今作で、フェネルは既に米脚本家組合賞を受賞。DC映画「Zatanna(原題)」の執筆予定も決まっており、今後の活躍が非常に楽しみです。

今年のアカデミー賞に期待していること

制限も多く非常に珍しい状況下での開催ですが、変化や新たな価値観に対してより一層柔軟でリベラルな結果を、皆で明るく楽しむことができる賞になれば良いなと思います。(そして今作が作品賞を受賞できますように!)

「サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~」

「サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~」 Courtesy of Amazon Studios

「サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~」 Courtesy of Amazon Studios

耳の聞こえが悪くなる病気に直面したヘヴィメタルバンドのドラマーの姿を描く音楽ドラマ。「ヴェノム」「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」のリズ・アーメッドが主人公ルーベンを演じ、ダリウス・マーダーが長編初監督を務めた。Amazon Prime Videoで配信中。

回答者

Amazon Prime Video広報担当者

作品の見どころ、推しポイント

「サウンド・オブ・メタル」の見どころは、これまでほとんど描かれてこなかった世界を深く掘り下げ、アーメッドの見事な演技と、監督ダリウス・マーダーのアイデアをサウンドアーティストのニコラス・ベッカーが実現した大胆で革新的なサウンドデザインが土台となっている部分です。

作品賞受賞への自信度 / ここだけは他作品に負けない!というポイント

ノーコメントでお願い致します。

ライバル視している作品 / 個人的に気になるノミネート作品

ノーコメントでお願い致します。

作品賞以外のノミネート部門へのコメント

ノーコメントでお願い致します。

今年のアカデミー賞に期待していること

ノーコメントでお願い致します。

バックナンバー

この記事の画像(全3件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

クロエ・ジャオのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ノマドランド / プロミシング・ヤング・ウーマン / サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~ / クロエ・ジャオ / フランシス・マクドーマンド / エメラルド・フェネル / キャリー・マリガン / リズ・アーメッド の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。