「プロミシング・ヤング・ウーマン」監督がビジュアルの意図語る、衣装スケッチ画も公開

1

67

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 9 56
  • 2 シェア

プロミシング・ヤング・ウーマン」の監督・脚本を担当したエメラルド・フェネルがビジュアル作りについて語ったコメントが到着した。

「プロミシング・ヤング・ウーマン」新場面写真 (c)2020 Focus Features

「プロミシング・ヤング・ウーマン」新場面写真 (c)2020 Focus Features

大きなサイズで見る(全18件)

本作はある事件によって医大を中退した、30歳目前の女性キャシーが繰り広げる型破りな復讐を描いた物語。昼はカフェ店員として働き、夜はバーやクラブで泥酔したふりをして自らに課したミッションを遂行するキャシーをキャリー・マリガンが演じた。

「プロミシング・ヤング・ウーマン」 (c)2020 Focus Features, LLC.

「プロミシング・ヤング・ウーマン」 (c)2020 Focus Features, LLC.[拡大]

フェネルは「“女の子が好きなもの”を再利用して恐ろしいものを作りたかった」と話し、この作品をあえて鮮やかな色で彩ったという。さらに「女性はうまくいっていないときほど自分をきれいに着飾る」ともコメント。昼間のキャシーにはリボンが付いたものやギンガムチェックの服を着せ“私は元気”という雰囲気を作ったと語った。

「プロミシング・ヤング・ウーマン」スケッチ画 Nancy Steiner/Universal Pictures

「プロミシング・ヤング・ウーマン」スケッチ画 Nancy Steiner/Universal Pictures[拡大]

「プロミシング・ヤング・ウーマン」スケッチ画 Nancy Steiner/Universal Pictures

「プロミシング・ヤング・ウーマン」スケッチ画 Nancy Steiner/Universal Pictures[拡大]

またこのたび、衣裳を担当したナンシー・スタイナーが描いたスケッチ画が公開に。第23回全米衣装デザイナー組合賞(CDGA)で衣装デザイン賞(現代映画部門)を受賞したスタイナーは、これまで「ヴァージン・スーサイズ」「ロスト・イン・トランスレーション」「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」などに参加した。スケッチにはコスチュームだけでなく背景も描かれている。

第93回アカデミー賞で脚本賞に輝いた「プロミシング・ヤング・ウーマン」は7月9日に東京・TOHOシネマズ 日比谷と大阪・TOHOシネマズ 梅田で先行公開。全国では7月16日にTOHOシネマズ 日比谷、東京・シネクイントほかで封切られる。

この記事の画像・動画(全18件)

(c)2020 PROMISING WOMAN, LLC All Rights Reserved.

読者の反応

  • 1

映画ナタリー @eiga_natalie

「プロミシング・ヤング・ウーマン」監督がビジュアルの意図語る、衣装スケッチ画も公開
https://t.co/oIP1KaROyi

#プロミシング・ヤング・ウーマン https://t.co/zrulW11dpG

コメントを読む(1件)

関連記事

エメラルド・フェネルのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 プロミシング・ヤング・ウーマン / エメラルド・フェネル / キャリー・マリガン の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。