「アニメージュとジブリ展」青色テトを再現したぬいぐるみなどオリジナルグッズ

1623

「『アニメージュとジブリ展』一冊の雑誌からジブリは始まった」のオリジナルグッズが公開された。

「ぬいぐるみ(テト)」

「ぬいぐるみ(テト)」

大きなサイズで見る(全20件)

4月15日から5月5日まで東京・松屋銀座にて開催される同展は、スタジオジブリのプロデューサー・鈴木敏夫にスポットを当てた展覧会。アニメージュ(徳間書店)を1978年の創刊から中心となって支え、同誌の編集長も務めていた鈴木の“編集者”としての仕事に着目し、1979年の「機動戦士ガンダム」を軸とした爆発的なアニメブームから、1984年公開の「風の谷のナウシカ」の成功、スタジオジブリの誕生、1986年に公開された「天空の城ラピュタ」までを振り返る。

会場で販売されるオリジナルグッズには、1983年11月号のアニメージュに掲載された構想段階の青色テトを再現したぬいぐるみ、映画「風の谷のナウシカ」のオープニングに登場するイラストをデザインしたタペストリー、腐海植物や緑に囲まれたラピュタ城がデザインされたアイテムなど約150点を用意。また展覧会の企画のきっかけにもなった書籍「ALL ABOUT TOSHIOSUZUKI スタジオジブリの名プロデューサー・鈴木敏夫のすべて」や、4月29日より全国公開される「アーヤと魔女」の書籍・グッズ、公開20周年を迎えた「千と千尋の神隠し」の関連グッズも販売される。

「『アニメージュとジブリ展』一冊の雑誌からジブリは始まった」のチケットの一般販売は3月27日10時にスタート。なお同展は松屋銀座での開催後、6月19日から9月12日まで宮城県・マルホンまきあーとテラスを巡回する。

この記事の画像(全20件)

「『アニメージュとジブリ展』一冊の雑誌からジブリは始まった」

会期: 2021年4月15日(木)~5月5日(水)
時間:10:00~19:30(※最終日は17:00閉場、入場は閉場の30分前)
会場:東京都 松屋銀座8階イベントスクエア

会期:2021年6月19日(土)~9月12日(日)
時間:10:00~17:00(※8月11日~15日は10:00~18:00)
会場:宮城県 マルホンまきあーとテラス

全文を表示

※記事初出時、イベント名とイベントビジュアルに誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

関連記事

鈴木敏夫のほかの記事

リンク

(c) 1984 Studio Ghibli – H (c) 1986 Studio Ghibli (c) 1988 Studio Ghibli (c) 1989 Eiko Kadono - Studio Ghibli - N

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 鈴木敏夫 / 風の谷のナウシカ / 天空の城ラピュタ / 千と千尋の神隠し / アーヤと魔女 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。