マンガ大賞2020は山口つばさ「ブルーピリオド」に決定

6525

マンガ大賞2020の結果発表と授賞式が、本日3月16日に東京・ニッポン放送イマジンスタジオで行われた。大賞に選ばれたのは、山口つばさ「ブルーピリオド」。

「ブルーピリオド」6巻

「ブルーピリオド」6巻

大きなサイズで見る(全15件)

山口つばさによる受賞イラスト。

山口つばさによる受賞イラスト。[拡大]

「ブルーピリオド」は成績優秀かつスクールカースト上位の充実した毎日を送りながら、どこか空虚で焦燥感を感じて生きている男子高校生・矢口八虎が主人公。そんな八虎が絵を描くことの楽しさに目覚め、美しくも厳しい美術の世界に身を投じていく。美術大学を目指し、青春を燃やすスポコン受験物語だ。同作は月刊アフタヌーン(講談社)で連載されており、単行本は7巻が3月23日に発売。マンガ大賞2019では3位を受賞していた。

「マンガ大賞」とは書店員を中心とした有志による選考委員が、誰かに薦めたいと思う“今一番フレッシュなマンガ”を投票で決める賞。13回目となるマンガ大賞2020では、「2019年1月1日から12月31日までに単行本が発売された作品のうち、最大巻数が8巻まで」のマンガ作品を対象に、94人の選考員による投票が行われた。その上位12作品を「ノミネート作品」とし、その中から各選考員が1位から3位までを選定。ポイント制を集計してトップに輝いた作品を「マンガ大賞」としている。

マンガ大賞2020のノミネート作品。

マンガ大賞2020のノミネート作品。[拡大]

そのほかマンガ大賞2020には、遠藤達哉「SPY×FAMILY」、雁須磨子「あした死ぬには、」、高松美咲「スキップとローファー」、桜井のりお「僕の心のヤバイやつ」、沙村広明「波よ聞いてくれ」、田島列島「水は海に向かって流れる」、田村由美「ミステリと言う勿れ」、藤本タツキ「チェンソーマン」、保谷伸「まくむすび」、ヤマシタトモコ「違国日記」、和山やま「夢中さ、きみに。」がノミネートされていた。なおコミックナタリーでは、授賞式の模様を追ってレポートする。

※3/16 15:24追記:2位以下の作品タイトルを追加しました。16:45追記:受賞イラストを追加しました。

この記事の画像(全15件)

マンガ大賞2020最終結果

大賞 山口つばさ「ブルーピリオド」(69pt)
2位 遠藤達哉「SPY×FAMILY」(63pt)
3位 高松美咲「スキップとローファー」(58pt)
4位 沙村広明「波よ聞いてくれ」(57pt)
5位 田島列島「水は海に向かって流れる」(56pt)
6位 田村由美「ミステリと言う勿れ」(54pt)
7位 和山やま「夢中さ、きみに。」(50pt)
8位 藤本タツキ「チェンソーマン」(40pt)
9位 保谷伸「まくむすび」(36pt)
10位 ヤマシタトモコ「違国日記」(31pt)
11位 桜井のりお「僕の心のヤバイやつ」(24pt)
12位 雁須磨子「あした死ぬには、」(20pt)

全文を表示

関連記事

山口つばさのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 山口つばさ / 遠藤達哉 / 高松美咲 / 沙村広明 / 田島列島 / 田村由美 / 和山やま / 藤本タツキ / 保谷伸 / ヤマシタトモコ の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。