篠原健太「彼方のアストラ」マンガ大賞2019に輝く

7631

マンガ大賞2019の結果発表と授賞式が、本日3月19日に東京・ニッポン放送イマジンスタジオにて行われた。大賞に選ばれたのは、篠原健太「彼方のアストラ」。

「彼方のアストラ」1巻

「彼方のアストラ」1巻

大きなサイズで見る(全3件)

「彼方のアストラ」は宇宙への渡航が当たり前になった近未来を舞台にしたSFもの。学校行事の一環としてある惑星を訪れた少年少女が、謎の球体に飲み込まれたことから宇宙の彼方で遭難してしまい、サバイバル生活を強いられる。同作は少年ジャンプ+で連載され、単行本は全5巻が発売中。TVアニメ化も決定している。

マンガ大賞2019ロゴ

マンガ大賞2019ロゴ[拡大]

“今、いちばん友達に薦めたいマンガ”をコンセプトに、書店員を中心とした有志の選考員が選出する「マンガ大賞」。マンガ大賞2019では「2018年1月1日から12月31日までに単行本が発売された作品のうち、最大巻数が8巻まで」のマンガ作品を対象に、94名の選考員による投票が行われた。その上位13作品を「ノミネート作品」とし、その中から各選考員が1位から3位までを選定。ポイント制を集計してトップに輝いた作品を「マンガ大賞」としている。

マンガ大賞2019のノミネート作品。

マンガ大賞2019のノミネート作品。[拡大]

12回目となる今年は「彼方のアストラ」以外に、赤瀬由里子「サザンと彗星の少女」、入江亜季「北北西に曇と往け」、樫木祐人「ハクメイとミコチ」、九井諒子「ダンジョン飯」、コナリミサト「凪のお暇」、田村由美「ミステリと言う勿れ」、鶴谷香央理「メタモルフォーゼの縁側」、とよ田みのる「金剛寺さんは面倒臭い」、堀尾省太「ゴールデンゴールド」、山口つばさ「ブルーピリオド」、ヤマシタトモコ「違国日記」、渡辺ペコ「1122」がノミネートされていた。なおコミックナタリーでは授賞式の模様を追ってレポートする。

※3/19 15:40追記:2位以下の作品タイトルを追加しました。

この記事の画像(全3件)

マンガ大賞2019最終結果

大賞 篠原健太「彼方のアストラ」(94pt)
2位 田村由美「ミステリと言う勿れ」(78pt)
3位 山口つばさ「ブルーピリオド」(73pt)
4位 ヤマシタトモコ「違国日記」(45pt)
5位 赤瀬由里子「サザンと彗星の少女」(41pt)
6位 入江亜季「北北西に曇と往け」(40pt)
7位 とよ田みのる「金剛寺さんは面倒臭い」(39pt)
8位 鶴谷香央理「メタモルフォーゼの縁側」(38pt)
9位 樫木祐人「ハクメイとミコチ」(33pt)
10位 コナリミサト「凪のお暇」(25pt)
11位 九井諒子「ダンジョン飯」(23pt)
12位 堀尾省太「ゴールデンゴールド」(22pt)
13位 渡辺ペコ「1122」(19pt)

全文を表示

関連する特集・インタビュー

関連記事

篠原健太のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 篠原健太 / 赤瀬由里子 / 入江亜季 / 樫木祐人 / 九井諒子 / コナリミサト / 田村由美 / 鶴谷香央理 / とよ田みのる / 堀尾省太 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。