ステージナタリー

劇場付き劇団・げきだんS-演s?、はせひろいちのミステリーを連続上演

19

げきだんS-演s?(エッセンス)「仮説『I』を棄却するマリコ」が、9月から10月にかけて大阪で上演される。

げきだんS-演s?は、大阪・アトリエ S-paceの劇場付き劇団として今年2017年4月に発足。同劇場のプロデューサーである関川佑一が代表を務める。そのお披露目公演となる本作は、脚本をはせひろいちが手がけ、off-Hプロデュースが上演したミステリー作品。今回はアトリエ S-pace仕様に書き換え、キャストを増やした“S-paceアニバーサルver.”と、初演と同じく大阪・ウイングフィールドで3人芝居として上演する“ウイングオリジナルver.”が連続上演される。

アトリエ S-paceでは9月22日から24日まで、ウイングフィールドでは10月4・5日に上演。なお両公演とも第9回むりやり堺筋線演劇祭の参加作品となっている。

げきだんS-演s? お披露目公演「仮説『I』を棄却するマリコ」

作:はせひろいち
演出:関川佑一

S-paceアニバーサルver.
2017年9月22日(金)~24(日)
大阪府 アトリエ S-pace

出演:斜あゐり、慶雲、上村宏也、河野美和、田上日高、田村容子、杉山寿弥

ウイングオリジナルver.
2017年10月4日(水)・5日(木)
大阪府 ウイングフィールド

出演:山崎義史、練間沙、東尾咲

ステージナタリーをフォロー