ステージナタリー

ライブ・スペクタクル「NARUTO」続編開幕、新要素は歌と楽器の生演奏

6580

「ライブ・スペクタクル『NARUTO-ナルト-』~暁の調べ~」ゲネプロより。

「ライブ・スペクタクル『NARUTO-ナルト-』~暁の調べ~」ゲネプロより。

「ライブ・スペクタクル『NARUTO-ナルト-』~暁の調べ~」が、本日5月19日に東京・AiiA 2.5 Theater Tokyoで開幕。これに先がけて囲み会見と公開ゲネプロが行われた。

会見にはメインキャストが登壇。うずまきナルト役の松岡広大は「新作でまたナルト役をやらせていただきます。キャストも一新して、とにかく自信はあります! 今回から歌も加わりますが、キャストたちのエネルギーが素晴らしいので、成功すると信じてやっていきたいです」と意気込みを語った。

うちはサスケ役の佐藤流司は「サスケのエピソードの中でも特に人気があり、自分も大好きなお話をやらせていただきます。刀を使った殺陣があったり、前回以上に強力な忍術、そして、うちはイタチとの戦いもありますので、がんばります」とコメントした。

春野サクラ役を演じる伊藤優衣は「初日を無事に迎えることができてうれしいです。ここまで作り上げてきたもの、演出家の児玉明子さんを信じて、最高の作品をお客様に届けたいと思います」と笑顔を見せる。うちはイタチ役を演じる良知真次は「僕は初参加なんですが、松岡くんを筆頭にチームワークを大切にしております。若いメンバーががんばってくれてますので、背中について行く気持ちです。壮大なセットや音楽、アクション、衣装でお届けします」と述べた。

ゲネプロでは、前作のラスト「終末の谷」から時を経て、成長したナルトたちが登場。カカシ班の隊長に代理で任命された藤田玲演じるヤマトや、サスケの代わりに暗部から派遣された北村諒演じるサイが新たな仲間として加わる。

ダンスやアクロバット、殺陣、忍術を繰り出す際のプロジェクションマッピングなど、数々の特殊演出が登場する本作。新作の今回は、登場人物が心情を語るシーンやナルトの修行シーンなどで、キャストたちによる歌唱が数多く披露され、そこに二胡と和太鼓の生演奏も加わり、作品世界をよりダイナミックに彩る。

さらにサスケと大蛇丸の戦い、九尾の力を解放し始めるナルトが新たな忍術・螺旋手裏剣を習得するなど、さまざまなエピソードがテンポ良く展開。後半はサスケ率いる小隊“蛇”の結成、サスケとイタチの兄弟対決がメインに描かれる。上演時間は約2時間30分、途中休憩は15分。

なお本作は、5月19日から6月4日まで東京・AiiA 2.5 Theater Tokyoにて公演後、6月10・11日にはシンガポール、6月16日から22日には大阪・大阪メルパルクホールで上演。7月14日から23日には上海公演も行う。さらに7月29日から8月6日までは再び東京・AiiA 2.5 Theater Tokyoに登場し、凱旋公演を行う。

「ライブ・スペクタクル『NARUTO-ナルト-』~暁の調べ~」

2017年5月19日(金)~6月4日(日)
東京都 AiiA 2.5 Theater Tokyo

2017年6月10日(土)・11日(日)
シンガポール Marina Bay Sands MasterCard Theatres

2017年6月16日(金)~22日(木)
大阪府 大阪メルパルクホール

2017年7月14日(金)~23日(日)
上海 虹橋芸術中心

2017年7月29日(土)~8月6日(日)
東京都 AiiA 2.5 Theater Tokyo

原作:「NARUTO-ナルト-」岸本斉史(集英社 ジャンプコミックス刊)
脚本・演出:児玉明子

キャスト

うずまきナルト:松岡広大
うちはサスケ:佐藤流司

春野サクラ:伊藤優衣
はたけカカシ:君沢ユウキ

ヤマト:藤田玲
サイ:北村諒
薬師カブト:岡田亮輔

綱手:大湖せしる

鬼灯水月:萩尾圭志
香燐:七木奏音
重吾:山口智也

干柿鬼鮫:林野健志
デイダラ:辻諒
トビ:片山浩憲

白崎誠也
寒川祥吾
宮川連
野間理孔
松林篤美
知念紗耶

大蛇丸:悠未ひろ

うちはイタチ:良知真次

(c)岸本斉史 スコット/集英社 (c)ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」製作委員会2017

ステージナタリーをフォロー