ステージナタリー

定規にけん玉!高杉真宙、横浜流星がアクションで魅せる「闇狩人」明日開幕

995

左から丸山敦史、鈴木勝大、高杉真宙、横浜流星、荒井敦史。

左から丸山敦史、鈴木勝大、高杉真宙、横浜流星、荒井敦史。

「闇狩人」が、明日5月13日に東京・天王洲の銀河劇場にて開幕。本日5月12日には囲み取材が行われ、高杉真宙横浜流星鈴木勝大荒井敦史、丸山敦史、そして演出の深作健太が登壇した。

本作は1988年から1990年にかけて月刊少年ジャンプ(集英社)にて連載され、“現代版・仕事人”と話題になったマンガが原作。バブル全盛期の華やかな社会を背景に、卑劣な悪人たちを成敗する闇狩人の生き方を描いていく。舞台版では演出を深作健太、脚本を鈴木哲也と、「里見八犬伝」などを手がけてきたコンビが担当している。

それぞれにユニークな武器を用いたアクションが特徴的な本作。ステンレス製の定規などを駆使する主人公・間武士を演じる高杉は、「刀っぽく逆手に持ってやっていて、普通の殺陣とは違うので苦戦しながらがんばってます」と語り、けん玉を操る我竜京介役の横浜は「けん玉を使ったアクション、誰も想像つかないと思うんですけど……僕はずっと空手をやってきて、素手なので、何か物が入ってるとすごい難しいんですよね。観た方に『こんな戦い方をするんだ』って、びっくりしていただけたらうれしいですね」と意気込んだ。横浜は「普通にけん玉はできるんですか?」という記者からの質問に「できます!」と即答。「2年前にある作品でけん玉をやってたので、そのときにいろいろ練習して。今回もそれが生かされてると思います」と、「烈車戦隊トッキュウジャー」にてけん玉が得意なトッキュウ4号/ヒカリ役を演じていた経験知を覗かせる。

映像を使用したアクションが横浜と同じく多いという鈴木は、大きなギターピックを取り出して「真宙とかが定規でやってて大変そうな中、僕はピックを投げるとみんなが勝手に倒れてくれるんで、楽させてもらって申し訳ないなって(笑)」と笑わせ、「でも映像も入って、カッコいい見た目になっていると思います」と見どころをコメントした。また荒井が「今日、5月12日が僕が演じる陣内力の誕生日らしくて」と言うと、横の横浜をはじめキャストたちから「おめでとう!」と拍手が贈られる。微笑みつつ荒井は「この中では下から2番目に若いですけど、若いなりに体を駆使して、舞台上をかけ回れればと。やってやります!」と声を張った。

敵役を演じる丸山は荒井のコメントを受け、「(荒井とは)10歳離れてるのに身体を駆使してなんて言ってるので、僕はもっと駆使しなきゃいけないんですけど(笑)」と笑いつつ、「平成生まれの4人が立ち向かう昭和生まれの僕なんですけど、しっかりとしたボス役として存在できていたらなと思います」と意気込みを見せる。深作は「15歳の時に読んでいた坂口さんのコミックを、30年近く経った今演劇にできて。真宙くんと出会ったのも、彼が15歳のときだったんですね。そうしたご縁もありつつこうして初日を迎えられるのはうれしいこと。流星くんはじめ皆さん演技力はもちろんのこと、身体能力をすごく評価している俳優さんなので、映像や光も駆使しつつ、壮大なドラマになっていると思います。これが最後のアクション演出のつもりでやっております」と並々ならぬ情熱を語っていた。

また悪を成敗する今作にちなみ、「最近成敗したいって思ったものは?」と聞かれると、横浜は「ルールを守らないっていうものは嫌ですよね……ポイ捨てとか、電車に割り込んでくるとか……」としみじみと述べ、それに高杉も「うん、それくらいかな……」と同調。丸山に「かわいいなあ」とツッコまれつつも、高杉は「でも、そういうところから悪って大きくなっていくんだと思います」と語る。また荒井は「小屋入りしたときに白いベンツに轢かれかけまして、あの悪は成敗したいなって思いました(笑)」と間一髪のエピソードを明かした。

高杉と横浜はともに1996年生まれの19歳。プライベートでも仲の良い2人は今作が本格的な初共演となる。横浜は「同い年の真宙と、素敵なキャスト、スタッフさんと『闇狩人』を作ることができてうれしく思っていて、1カ月間全力でやってきました。1人でも多くの方に観ていただいて、何か感じていただけたらうれしいです」とコメントし、高杉は「いつもは顔合わせのとき緊張するんですけど、今回はお久しぶりですって言える方が多くて。こんなに知っている方が多い現場で主演させていただけるのが幸せなことだなと思います。1カ月間練習してきたことが、本番で出せたらいいなと思います」と熱意を覗かせた。

銀河劇場での公演は5月22日まで。その後福岡・北九州芸術劇場大ホール、大阪・森ノ宮ピロティホールを巡演する。

「闇狩人」

2016年5月13日(金)~22日(日)
東京都 天王洲 銀河劇場

2016年5月28日(土)
福岡県 北九州芸術劇場大ホール

2016年6月11日(土)・12日(日)
大阪府 森ノ宮ピロティホール

原作:坂口いく
脚本:鈴木哲也
演出:深作健太
出演:高杉真宙横浜流星鈴木勝大荒井敦史、丸山敦史、稲垣成弥森田彩華市瀬秀和中村誠治郎 ほか

ステージナタリーをフォロー