音楽ナタリー

BUMP OF CHICKEN「Smile」収益全額寄付完了を報告

631

BUMP OF CHICKENの20thシングル「Smile」販売で得られた収益の総計と、日本赤十字社への寄付が完了したことが発表された。

シングル「Smile」は期間限定盤として2011年5月11日から9月30日まで販売され、収益は6962万7833円に到達。これら収益は3回に分けて日本赤十字に寄付金として送られており、1回目は昨年7月8日、2回目は9月30日、そして今年2月10日に3回目の寄付が行われた。

寄付完了に伴い、BUMP OF CHICKENのメンバーはコメントを発表。「依然厳しい環境にある被災地の一刻も早い復興を願うと共に、音楽家として出来ることをこれからも続けていきます」と綴り、「現在我々は全国ツアーの最中です。各地で皆さんにお会い出来るのを楽しみにしています」と結んでいる。

「Smile」は、東日本大震災の被災者を支援する「復興支援ポータルサイト」テレビCMのために制作されたもの。CMは、マンガ家の井上雄彦が震災直後より被災地の人々に1日も早く笑顔が戻ることを願って公開していた「Smile」と題したイラストシリーズがフィーチャーされていた。また井上が「音楽はBUMP OF CHICKENに担当してほしい」と要望し、バンド側も「ミュージシャンとして自分たちに何かできることはないか」という思いを抱いていたことから、これを快諾。イラストシリーズと同じ「Smile」というタイトルの新曲をわずか2日間で完成させ、CMに提供した。

なお、シングルには井上雄彦が監督した「Smile」のビデオクリップが収められたDVDが付属していた。またCD、着うたフル、ビデオクリップ配信で得られる収益は、すべて被災地への義援金として寄付されることもアナウンスされていた。

バンドは1月にライブハウスツアー「BUMP OF CHICKEN 2011-12 TOUR『GOOD GLIDER TOUR』」を終了し、4月からはアリーナツアー「BUMP OF CHICKEN 2012 TOUR『GOLD GLIDER TOUR』」を開催する。この両ツアーでグッズ「東日本大震災チャリティーバンド」を販売。この商品の収益も義援金として日本赤十字社を通じて被災地に送られる。

BUMP OF CHICKENコメント

この度は僕達のシングル「Smile」をご購入頂きありがとうございました。
2011年5月11日から同年9月30日までの販売となったこのシングルの収益の全ては、当初の予定通り東日本大震災の義援金として被災地へ寄付させて頂きました。
皆さん一人一人の想いが集まりこのような額になりました。
僕等にとっても、今までの活動には無かった趣旨を含むリリースとなりましたが、多くの方々にご理解ご賛同頂き、大変有り難く思います。

依然厳しい環境にある被災地の一刻も早い復興を願うと共に、音楽家として出来ることをこれからも続けていきます。

現在我々は全国ツアーの最中です。
各地で皆さんにお会い出来るのを楽しみにしています。

音楽ナタリーをフォロー