音楽ナタリー

瀧やリリーも出演!映画「モテキ」の舞台はナタリー

610

9月23日より全国東宝系で公開される映画「モテキ」の主要男性キャストが発表され、ピエール瀧(電気グルーヴ)、金子ノブアキ(RIZE)、リリー・フランキーら、音楽ファンになじみ深い俳優陣が登場することが明らかになった。

映画「モテキ」はマンガ家・久保ミツロウが新たに書き下ろした原作をもとに、ドラマ版の1年後を描くオリジナルストーリー。一念発起し就職を決めた主人公・藤本幸世(森山未來)が働く職場は、なんとニュースサイト「ナタリー」編集部という設定。映画では恋に仕事に、不器用ながらも奮闘する幸世の姿が描かれる。

ピエール瀧は本人役で出演し、劇中での音楽イベントに参加。金子ノブアキは、音楽フェスを運営する若きカリスマオーガナイザー、山下ダイスケ役として登場し、幸世と同い年だがすべてにおいて幸世の上を行く男として、幸世にライバル視される役どころだ。

そしてリリー・フランキーは、ナタリー社長・墨田卓也役を演じる。原作で謎の男として描かれていた“墨さん”は、現代のソーシャルネットワークの流行に乗ろうとニュースサイト「ナタリー」を起ち上げ、幸世をスタッフとして採用する。なお、真木よう子は先輩社員・唐木素子役として、激しい毒舌と下ネタで幸世を叱咤する。

制作にあたっては、大根仁監督始め、スタッフや俳優陣が実際にナタリー編集部を訪れ、現場のリアリティを追求。都内某所に編集部のセットを作り、にぎやかな雰囲気の中で撮影を行った。劇中でどのようなエピソードが繰り広げられるのか、秋の公開をお楽しみに。

音楽ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【プロモーションプランナー】