音楽ナタリー

のんが豪華バンドをバックにミカバンド熱唱!10年目のワーハピも大盛り上がり

767

左からのん、鈴木慶一。(Photo by TEAM LIGHTSOME)

左からのん、鈴木慶一。(Photo by TEAM LIGHTSOME)

野外フェス「WORLD HAPPINESS 2017」が8月6日に開催された。10年目を迎えた今年は、これまでおなじみだった東京・夢の島公園陸上競技場から、初めて東京・葛西臨海公園 汐風の広場に会場を移して実施。高橋幸宏いとうせいこうがキュレーターを担当し、15組のアーティストが約6時間にわたってライブを行った。

強い日差しが照りつける昼過ぎに、トップバッターとしてメインステージに登場したのは岡崎体育。難易度の高いコール&レスポンスに困惑する観客に「どうしてロキノン厨みたいに予習して来ないのか」と問い、会場を笑わせる。その後、岡崎は子連れが多い客層に合わせて、Eテレの番組出演を狙って作ったという「okazaki child management」を披露。楽曲が衝撃の展開を迎え、オーディエンスを恐怖に陥れてライブは終了した。

続いてオープニング映像が流れ、キュレーターの高橋幸宏といとうせいこうがメインステージで開会宣言を実施。この日が広島に原子爆弾が投下された日だったことから、2人は9000人の観客に1分間の黙祷を呼びかけ、広い会場が静謐な空気に包まれる。そのままコトリンゴのステージがスタート。ライブ中盤に彼女は「8月6日なので心を込めて歌いたいと思います」と言い、劇場アニメ「この世界の片隅に」のオープニングテーマになったザ・フォーク・クルセダーズのカバー「悲しくてやりきれない」を歌い始めた。ワンフレーズ歌ったところで彼女が「スペシャルゲスト、のんちゃんです」と紹介すると、「この世界の片隅に」の主演声優を務めるのんが緊張した面持ちで登場。のんが1コーラス歌ってから最後に2人でデュエットを披露し、オーディエンスは2人の歌声に静かに聴き入っていた。

サブステージの一番手を務めた宮内優里は、ルーパーを使って電子音のフレーズを重ねながらリアルタイムで楽曲を構築。抜けるような青空の下で、浮遊感のある幻想的な即興演奏を繰り広げた。Nulbarichはスタイリッシュなステージングで観客を魅了。グルーヴィかつソウルフルでありながらどこか清涼感のある、海辺の会場にピッタリなサウンドを奏でた。関取花は「ワーハピは日本一民度の高いフェスだと思います!」と語ったりとトークで会場に笑いを起こし、「私の葬式」「もしも僕に」の2曲を歌唱。この日が8月6日であることを踏まえた選曲で、澄んだ歌声を青空に響かせた。

そしてキュレーターのいとうせいこうが、屋敷豪太(Dr)、増井朗人(Tb)、DUB MASTER X(Mix)、Watusi(B / COLDFEET)、會田茂一(G)らからなるDUBFORCEと共にメインステージに現れた。卓越したメンバーの演奏がその場でダブミックスされ、深くかかったディレイ音が夏の日差しに溶けていく。中盤からスチャダラパー高木完が合流し、「裏打ちリズムと一緒にやったことないんですけど」と言いつつタイニー・パンクスの「MONEY」をパフォーマンス。ラストにスティング「Englishman in New York」の演奏をバックに「今夜はブギー・バック」を歌い、会場を大いに盛り上げた。

Kraftwerkの「The Robots」がBGMとして流れる中、大きなメキシカンハットをかぶってサブステージに現れたのはZOMBIE-CHANG。ラップトップでローファイなエレポップサウンドを発しながら踊り、夏にピッタリな「GOODBYE MY LOVE AND TURN AROUND」や、8月9日配信開始の新曲「WE SHOULD KISS」などを歌った。昨年に続いての出演となるGLIM SPANKYは、目の覚めるような豪快なロックサウンドでオーディエンスを圧倒。人気曲「怒りをくれよ」や、6月に終了したテレビ朝日系ドラマ「警視庁・捜査一課長 season2」の主題歌「美しい棘」などで真夏の会場をますますヒートアップさせた。ギター1本を携えてサブステージに登場したみうらじゅんは、多くの人がイメージする普段の彼とは異なる、気迫に満ちた本気のライブを展開。高校時代に作ったという楽曲などを歌ったのち、「暑いのでクリスマスの歌を歌います」と言って自作のクリスマスソングを披露した。

くるりは1曲目から「ワールズエンド・スーパーノヴァ」を演奏し、イントロが流れるや場内から大きな歓声が。「琥珀色の街、上海蟹の朝」ではラップも披露し、バンドの幅広い側面を見せる選曲のライブとなった。竹中直人は、玉置浩二から楽曲提供された自身の最新アルバムの収録曲「ママとカントリービール」「白い砂のサボテン」を歌唱。その後、忌野清志郎の「いい事ばかりはありゃしない」や、竹中の監督映画「サヨナラCOLOR」の主題歌でもあるSUPER BUTTER DOG「サヨナラCOLOR」を、渋い低音ボイスでカバーした。電気グルーヴのライブは「人間大統領」からスタート。「こんにちは、Yellow Magic Orchestraでございます」「すべてのテクノの産みの親、電気グルーヴです」と石野卓球が挨拶し、映像演出ではキュレーターの高橋幸宏をネタにしていた。ラストの「CATV2017」ではピエール瀧が消化器をサックスのように激しく吹き、観客を魅了した。

サブステージのラストを務めたTOWA TEIは、この日の出演アーティストに関連した楽曲を盛り込んだDJプレイを披露。そしていよいよトリを務める高橋幸宏がメインステージに登場した。「今日は80年代の曲をいっぱいやりますよ!」という彼の宣言通り、「今日の空」「音楽殺人」「My Bright Tomorrow」といった懐かしのナンバーが次々に演奏された。中盤には鈴木慶一が加わってTHE BEATNIKSのコーナーに。「No Way Out」でオーディエンスを盛り上げたのち新曲を2曲披露し、そのうちの1曲「シェー・シェー・シェー・DA・DA・DA・Yeah・Yeah・Yeah・Ya・Ya・Ya」では鈴木が指揮を執って会場中で同じ振付を踊るという、これまでのTHE BEATNIKSにはない風景が広がった。その後、赤いテレキャスターを持ったのんが再びステージに。幸宏は「本来はロックの人なんだよね!」と彼女を紹介し、「思いっきり行って!」と優しく送り出す。鈴木が「冥土の土産だな、こりゃ」と目を細め、サディスティック・ミカ・バンドのカバー「タイムマシンにおねがい」がスタート。歌詞にちなんでティラノザウルスの尻尾を腰に付けたのんが、イントロのギターリフを弾き始め、会場が一気に沸き上がる。さらに、豪華メンバーの演奏を背にして堂々とした歌声を響かせ、客席から大きな声援が。1曲のみの参加ながら、彼女は大きなインパクトを残した。

そしてラストにいとうせいこうが再び登場し、小山田圭吾とLEO今井がバックバンドに参加。日が沈み始め涼しい風が吹いてきた中で、豪華メンバーの演奏をバックにいとうがタイニー・パンクスの「東京ブロンクス」をラップした。曲が終わると、のんを含む幸宏バンドのメンバーがステージに集結。いとうが「また来年ね!」と呼びかけ、6時間15分に及んだ公演が終了した。

「WORLD HAPPINESS 2017」2017年8月6日 葛西臨海公園 汐風の広場 セットリスト

岡崎体育

01. Open
02. Call On
03. Voice of Heart 2
04. okazaki child management

コトリンゴ

01. ツバメが飛ぶうた
02. classroom
03. 悲しくてやりきれない with のん
04. 漂う感情
05. たんぽぽ

宮内優里

01. neuh
02. 即興演奏

Nulbarich

01. TOKYO
02. Lipstick
03. NEW ERA
04. Follow Me

関取花

01. 私の葬式
02. もしも僕に

いとうせいこう with DUB FORCE guest スチャダラパー / 高木完

01. ダブシチュー
02. Dub Fire
03. 浜辺
04. MONEY
05. 今夜はブギー・バック

ZOMBIE-CHANG

01. GOODBYE MY LOVE AND TURN AROUND
02. I CAN'T GET TO SLEEP
03. 恋のバカンス
04. WE SHOULD KISS

GLIM SPANKY

01. アイスタンドアローン
02. 闇に目を凝らせば
03. いざメキシコへ
04. 怒りをくれよ
05. 美しい棘

みうらじゅん

※セットリスト非公表

くるり

01. ワールズエンド・スーパーノヴァ
02. Morning Paper
03. everybody feels the same
04. 琥珀色の街、上海蟹の朝
05. Liberty & Gravity

竹中直人

01. ママとカントリービール
02. 白い砂のサボテン
03. いい事ばかりはありゃしない
04. サヨナラCOLOR

電気グルーヴ

01. 人間大統領
02. Fallin' Down
03. プエルトリコのひとりっ子
04. いちご娘はひとりっ子
05. Missing Beatz
06. SHAMEFUL
07. CATV2017

TOWA TEI

DJ

高橋幸宏 with 沖山優司 / 白根賢一 / 鈴木慶一 / 高野寛 / 堀江博久 / 小山田圭吾 / 砂原良徳 / TOWA TEI / ゴンドウトモヒコ / LEO今井

01. 今日の空
02. 音楽殺人
03. No Way Out
04. 鼻持ちならないブルーのスカーフ、グレーの腕章
05. シェー・シェー・シェー・DA・DA・DA・Yeah・Yeah・Yeah・Ya・Ya・Ya
06. My Bright Tomorrow
07. タイムマシンにおねがい with のん
08. Something in The Air
09. 東京ブロンクス with いとうせいこう

※記事初出時、セットリストの楽曲名に一部に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

音楽ナタリーをフォロー