音楽ナタリー

星野源、最新エッセイ集で「逃げ恥」秘話や「紅白歌合戦」を語る

1994

星野源のエッセイ集「いのちの車窓から」が、3月30日に刊行される。

この本は星野が雑誌「ダ・ヴィンチ」で2014年12月号より連載しているエッセイに、書き下ろしを加えた作品。ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」撮影現場の様子や念願だった「NHK紅白歌合戦」への出場、ヒット曲「SUN」「恋」ができるまでの制作秘話、別人としてTwitterを利用していたエピソードなど、星野を巡るさまざまな出来事が詰め込まれている。

星野はこのエッセイ集について「この2年間自分が見つめてきた景色と、それによって心が動いた瞬間の両方が詰まっています」とコメント。さらに「言葉にできない想いを言葉にする為に向き合う文筆の作業は、とても面白いです」と、書き手としての喜びも明かしている。

星野源 コメント

星野源のエッセイ集が3月に発売になります。自分の中で、年々書くことが楽しくなってきていて、その最中に生まれた文章が一冊にまとまると思うと、とても嬉しいです。
「いのちの車窓から」には、この2年間自分が見つめてきた景色と、それによって心が動いた瞬間の両方が詰まっています。言葉にできない想いを言葉にする為に向き合う文筆の作業は、とても面白いです。
是非読んでいただきたいです。よろしくお願いします。

音楽ナタリーをフォロー