音楽ナタリー

T.M.R.、乃木坂、スキマら集結「CDTV」初のライブイベントに代々木熱狂

1160

T.M.Revolution(写真提供:TBS)

T.M.Revolution(写真提供:TBS)

TBS系「CDTV」による公開収録ライブ「CDTV スペシャルフェス supported by dヒッツ」が3月10、11日に東京・国立代々木競技場第二体育館で開催された。この記事では、両日のライブの模様をレポートする。

3月10日

初日に登場したのは倖田來未家入レオBLUE ENCOUNT加藤ミリヤスキマスイッチの5組。トップバッターの倖田は攻めのダンスとともに「POP DIVA」「BUT」を届けてオーディエンスを魅了し「久しぶりのCDTV! テンション上げていこうと思います!」と声を上げる。そしてヒット曲「I'll be there」「Someday」「WIND」を続けて披露してファンを大いに喜ばせた。

家入は「みんな盛り上がっていくよ!」と「Shine」でライブを開始。たくさんの歓声が上がった「君がくれた夏」を情感たっぷりに歌い上げ、「サブリナ」「Hello To The World」ではオーディエンスと一体となって熱いパフォーマンスを繰り広げた。登場するやいなや「DAY×DAY」「Survivor」を連投したのはBLUE ENCOUNT。田邊駿一(Vo, G)は「今日楽屋、有名人ばっかり。みんなカラオケで歌ってた人たちですよ!」と恐縮しながら話して場内に和やかなムードを漂わせる。「LIVER」の曲中では、彼の煽りによって観客がタオルやペンライト、マフラーなどを回し、場内は熱気に包まれた。

加藤は「HEART BEAT」「今夜はブギー・バック feat. 清水翔太&SHUN」を続けて披露し会場のテンションを一気に引き上げていく。MCで彼女は「私を初めて観る人どのぐらいいますか?」と質問し、観客の手が挙がると「どう? どう? 楽しい?」とはにかみながら投げかける。その後「『Aitai』を超えたいと思って作った曲」と説明したバラード曲「Want You Back」を情感たっぷりに歌い上げた。スキマスイッチは「ガラナ」で勢いよくライブをスタートさせる。「『CDTV』が初めてやるフェスということで、最後まで盛り上がってもらえるようにがんばります!」と意気込んだ大橋卓弥(Vo, G)は、常田真太郎(Key, Cho)による鍵盤の音色が弾けるように響いた「view」を雰囲気たっぷりに歌唱。「第95回全国高校ラグビー大会」のテーマソング「ハナツ」をしっとりと届けたのち、「騒ぎましょう! Are You Ready!?」と声を上げると、場内に銀テープが発射。彼らはハツラツと「全力少年」を演奏し1日目を締めくくった。

3月11日

2日目の公演にはJUJU欅坂46乃木坂46flumpoolT.M.Revolutionの5組が登場し、それぞれに熱演を繰り広げた。最初にステージに現れたJUJUは「PLAYBACK」を1曲目に届けて観客の手拍子を誘う。総立ちで盛り上がる会場のムードに、彼女は「思いのほか温かい感じで迎えていただき、とてもうれしいです!」と笑顔。「せっかくなので」と最新のカバーアルバム「TIMELESS」についてアナウンスすると、その作品の収録曲であるビリー・ジョエル「New York State Of Mind」とCOLDPLAY「Viva La Vida」のカバーを披露し、豊かな歌唱力でファンを魅了した。

2番手で登場したのは欅坂46。彼女たちはデビュー曲「サイレントマジョリティー」でダイナミックなフォーメーションダンスを見せ、オーディエンスを惹き付ける。平手友梨奈は緊張気味の表情で「『サイレントマジョリティー』、今日が初披露だったのですが、いかがですか?」と客席に語りかけた。ファンから温かい拍手と声援を受けた彼女たちは、続けて「手を繋いで帰ろうか」を歌い踊ると、「次は私たちの先輩、乃木坂46さんのパフォーマンスです!」と乃木坂46へバトンをつないだ。

乃木坂46は力強いビートが特徴的な「命は美しい」「ポピパッパパー」「気づいたら片想い」を続けて披露し、クールな表情で舞台を躍動する。MCでは桜井玲香が昨年の大みそかを振り返り「紅白歌合戦に出たあとにCDTVの年越しライブに出るという“夢の動き”ができたので、とっても幸せでした!」とほほ笑んだ。続く最新曲「ハルジオンが咲く頃」では、この曲のセンターを務める深川麻衣が「一歩を踏み出す季節だからこそ、聴いてほしい曲です」と曲紹介。その後彼女たちは「制服のマネキン」などで観客を楽しませ、桜井は「私たちのことを今日初めて観たっていう方も、ちょっと気にして帰ってくれたらうれしいです!」と語りかけた。

「花になれ」でライブをスタートさせたflumpoolは、山村隆太(Vo, G)が「こんなにむさ苦しいオッサン4人で出てきちゃって、ごめんなさい」と話して観客を笑わせる。彼は続けて「バックステージが華やかで、めっちゃいい匂いしたよ!」と観客に報告した。バンドはその後、ニューアルバム「EGG」収録の「解放区」「夜は眠れるかい?」でぴったりと息の合った力強いアンサンブルを披露する。ラストの「星に願いを」では山村がステージ横に長く伸びた道へ歩みを進め、客席の隅々まで手を振りながら歌声を届けていた。

イベントのラストを飾ったT.M.Revolutionは1曲目の「HIGH PRESSURE」でパワフルなシャウトを会場に響かせると「今日はCDTV初のフェスということで、盛り上がって行こうぜ。T.M.RevolutionのTは、TBSのTだー!!」と絶叫した。彼はその後、「HOT LIMIT」「WHITE BREATH」とヒットチューンを連投してファンの熱狂を誘う。MCでは今年自身がデビュー20周年を迎えることに触れ「おじさん、20年もこれやってるんだよ(笑)。もし、曲を知らなくても結構です。皆さんとここにいられることが俺の幸せだ!」と思いを伝えた。エッジの効いたバンドの演奏を背に受けながら、ラストナンバーの「HEART OF SWORD ~夜明け前~」までを全力のパフォーマンスで駆け抜けたT.M.Revolution。彼は最後に「ひと言だけ。皆さんを愛してるぜ!」と客席に呼びかけてステージをあとにした。

このイベントの模様は3月26日に放送。番組では各アーティストのライブの一部がオンエアされる。

CDTV スペシャルフェス supported by dヒッツ
2016年3月10、11日 国立代々木競技場第二体育館 セットリスト

3月10日
倖田來未

01. POP DIVA
02. BUT
03. I'll be there
04. Someday
05. WIND

家入レオ

01. Shine
02. 君がくれた夏
03. 希望の地球
04. サブリナ
05. Hello To The World

BLUE ENCOUNT

01. DAY×DAY
02. Survivor
03. LIVER
04. はじまり

加藤ミリヤ

01. HEART BEAT
02. 今夜はブギー・バック feat. 清水翔太&SHUN
03. Want You Back
04. リップスティック
05. FUTURE LOVER-未来恋人-

スキマスイッチ

01. ガラナ
02. LINE
03. view
04. ハナツ
05. 全力少年

3月11日
JUJU

01. PLAYBACK
02. やさしさで溢れるように
03. New York State Of Mind / ビリー・ジョエル
04. Viva La Vida / COLDPLAY
05. What You Want

欅坂46

01. サイレントマジョリティー
02. 手を繋いで帰ろうか

乃木坂46

01. 命は美しい
02. ポピパッパパー
03. 気づいたら片想い
04. ハルジオンが咲く頃
05. 今、話したい誰かがいる
06. 制服のマネキン

flumpool

01. 花になれ
02. 解放区
03. 夜は眠れるかい?
04. 星に願いを

T.M.Revolution

01. HIGH PRESSURE
02. HOT LIMIT
03. WHITE BREATH
04. Inherit the Force -インヘリット・ザ・フォース-
05. HEART OF SWORD ~夜明け前~

CDTVスペシャルフェス

2016年3月26日(土)25:53~

音楽ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【ナタリーストア】