音楽ナタリー

被災地の今描くNHKドラマ、大友良英&Sachiko M手がけたサントラを3.11に

874

3月10日(火)にNHK総合でオンエアされるドラマ「LIVE! LOVE! SING! 生きて愛して歌うこと」のサウンドトラックが、放送翌日の3月11日にリリースされることが決定した。

このドラマは神戸から福島へ、2つの被災地を結ぶ旅をする若者たちの姿を通して震災後の現在を見つめる作品。出演者には石井杏奈(E-girls)、渡辺大知(黒猫チェルシー)、木下百花(NMB48)、皆川猿時(グループ魂)や二階堂和美が名を連ねている。演出は井上剛氏が務め、音楽は連続テレビ小説「あまちゃん」で井上氏とタッグを組んだ大友良英、Sachiko Mの2人が担当する。

大友とSachiko Mはドラマのストーリーさながらに神戸と福島を旅し、福島の管弦楽団「FTVジュニアオーケストラ」や神戸を中心に即興演奏で活動を行う「音遊びの会」も参加する楽曲群を制作した。サウンドトラックには二階堂、皆川、石井らが歌う劇中歌「GIGつもり」などに加え、ドラマでは使用されないナンバーも含む13曲が収められる。

大友良英 コメント

自分が育った福島の、しかも震災後を描いたドラマのサントラです。正直、最初はとまどいました。でも、震災後わたしが感じて来たこと、経験して来たこと、とても一言では言えないような複雑な感情までもが全て入っているドラマが出来たんじゃないか、そして、そこにちゃんと向き合った音楽が出来た……そんなふうに思っています。
Sachiko Mさん、二階堂和美さん、江藤直子さん、神戸の「音遊びの会」や福島の「FTVジュニアオーケストラ」のみなさん、近藤達郎さん、かわいしのぶさん、坂田学さん、このドラマにはこれ以外はないという素晴らしいメンバー達と一緒に長い時間をかけて音楽をつくりました。単にドラマの劇伴CDというだけではなく、これまでの自分の仕事の中でも最高の作品になったと思っています。

Sachiko M コメント

念願のサウンドトラックが出て本当に嬉しいです。ドラマに溢れ出る空気感そのままに、そして物語の続きでもあるように、いつまでもいつまでもお好きな時に流れ出た空気に漂わせていただければ……そう思ってます。
うたの作曲といつもの前衛的な演奏と、私の活動の両極端なものがここまで潔く入ったアルバムは世界中でこれしかありません。
そこで響きあい、重なり合う音を是非お楽しみ下さい。

大友良英、Sachiko M「LIVE! LOVE! SING! 生きて愛して歌うこと オリジナル・サウンドトラック」収録曲

01. LIVE! LOVE! SING! ~Band version
02. インビジブル 2B
03. 見えない世界の中で考える
04. つぐみ
05. LIVE! LOVE! HIP HOP!
06. ゲート
07. タイムトラベル A
08. フェローズ
09. 空き瓶と見えない世界
10. GIGつもり
11. LIVE! LOVE! SING! ~Improvisation version
12. LIVE! LOVE! ROCK!
13. タイムトラベル B

<参加ミュージシャン>
大友良英(G, Marimba, Antique cymbals) / Sachiko M(Shinewaves) / 江藤直子(Piano, Vibraphone) / 近藤達郎(Organ, Synthesizer) / かわいしのぶ(B) / 坂田学(Dr) / 相川瞳(Per, Soroban) / 上原ななえ(Marimba, Per) / FTVジュニアオーケストラ / 音遊びの会

NHK総合「LIVE! LOVE! SING! 生きて愛して歌うこと」

2015年3月10日(火)22:00~23:14
<出演者>
石井杏奈(E-girls) / 渡辺大知(黒猫チェルシー) / 木下百花(NMB48) / 柾木玲弥 / 前田航基(まえだまえだ) / 津田寛治 / 皆川猿時(グループ魂) / 二階堂和美 / ともさかりえ / 南果歩 / 中村獅童 / and more

音楽ナタリーをフォロー