映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「あまちゃん」の監督が再び震災と向き合う、「LIVE! LOVE! SING!」劇場版公開

737

「LIVE! LOVE! SING! 生きて愛して歌うこと 劇場版」 (c)2015 NHK

「LIVE! LOVE! SING! 生きて愛して歌うこと 劇場版」 (c)2015 NHK

連続テレビ小説「あまちゃん」や「その街のこども 劇場版」の井上剛がメガホンを取った「LIVE! LOVE! SING! 生きて愛して歌うこと 劇場版」の公開が決定し、あわせてポスタービジュアルが発表された。

本作は、震災の影響でバラバラになった同級生たちが再会し、福島の立ち入り制限区域内に建つ母校の小学校へタイムカプセルを掘り起こしに行くロードムービー。2015年3月、NHK総合にてオンエアされた特集ドラマ「LIVE! LOVE! SING! 生きて愛して歌うこと」に、全国放送時にはカットされた未公開シーン26分を追加し、兵庫と福島で限定的に流された全長版がスクリーンにかけられる。

福島で被災し、現在は神戸の女子校に通うヒロインの朝海をE-girlsの石井杏奈が演じているほか、朝海の恋人の教師・岡里役をロックバンド黒猫チェルシーの渡辺大知が、横浜の夜の街で働く朝海の元同級生・香雅里役をNMB48の木下百花が担当。そのほか柾木玲弥前田航基らメインキャストに対して井上は「撮ってるあいだもコドモらは日々オトナになっていく。成長する彼らと《時が止まった場所》で毎日撮影しながら、そこにある現実、理不尽さを突きつけられた人たちを思った。伝えきれないその心を想像してみた。想像は出来る。出来ると信じ、コドモたちの眼に映る景色を撮り続けた。ここには今の日本が横たわっていると思う」と撮影時の思いを吐露する。

津田寛治、二階堂和美、皆川猿時、ともさかりえ、南果歩、中村獅童ら多彩な面々が出演者に名を連ね、ドラマ「ラジオ」の一色伸幸が脚本、「あまちゃん」の大友良英、Sachiko Mが音楽を手がけた同作。なお大友、Sachiko M、渡辺らが出演する公開記念ライブの実施が1月中旬に予定されているほか、一色による小説版の刊行も計画されている。

「LIVE! LOVE! SING! 生きて愛して歌うこと 劇場版」は、2016年1月中旬より東京のシアター・イメージフォーラムほかにて順次全国ロードショー。

映画ナタリーをフォロー