音楽ナタリー

miwa、T.M.R.&水樹、V6、セクゾンら直前「紅白」入念リハ

1024

miwa

miwa

本日12月31日に「第65回NHK紅白歌合戦」のリハーサル3日目が東京・NHKホールにて行われ、番組前半に出演するアーティストたちが最終調整を行った。

紅組トップバッターのHKT48、白組1番手のSexy Zoneはカラフルな衣装に身を包んでリハーサルを実施。番組の始まりを華やかに彩る予定だ。続くE-girlsは総勢26人による息のあったダンスを披露し、AAAはシンプルな衣装でしっとりと「さよならの前に」を歌唱した。miwaは先日行われた記者会見で話していた通り、ゴールドのフライングVを持って登場。ライトハンド奏法も華麗に披露し、笑顔で「Faith」を歌い終えた。

前半には企画コーナーとして「 meets 妖怪ウォッチ」「T.M.Revolution×水樹奈々『紅白2014スペシャルコラボレーション』」が控える。「嵐 meets 妖怪ウォッチ」ではDream5、キング・クリームソーダはもちろん、作品のキャラクターも登場し、司会を務める嵐と吉高由里子とともににぎやかなパフォーマンスを繰り広げた。T.M.Revolutionと水樹のコラボでは、趣向を凝らした登場シーンや壮大な衣装がお目見え。本番でも前回のコラボから一層パワーアップした2人のステージを楽しめそうだ。

伍代夏子は和装したV6を引き連れ、艶やかに「ひとり酒」を歌唱。三代目 J Soul Brothersは最新鋭の技術を取り入れたステージを見せ、西野カナは軽やかに「Darling」を届ける。クリス松村、IKKO、KABA.ちゃんら“桃組”プレゼンツのステージでは香西かおりと細川たかしが「酒」にまつわる楽曲を熱唱。桃組メンバーのほか、ゆるキャラのふなっしーなども姿を現し、ユーモアあふれるステージングを展開した。

吉高は「リハーサルからこんなに緊張するとは思わなかったです」と目前に迫った本番を控え緊張を隠しきれない様子だったが、嵐をはじめ出演者と談笑するなど笑顔も見せる。嵐も段取りやセリフを確認しながら、入念に進行を確認していた。櫻井翔の丁寧な紹介を受けたのは徳永英明。彼はフィギュアスケートの羽生結弦選手のスケーティングの映像をバックに、東日本大震災復興支援ソング「花は咲く」を歌唱し、リハーサルの段階から場内を感動的なムードに包んだ。坂本冬美の「男の火祭り」ではももいろクローバーZがパフォーマンスに参加。和田アキ子、V6のステージには出演者が勢ぞろいし、番組前半パートのリハーサルを明るく締めくくった。

なおSKE48NMB48郷ひろみのリハーサルの様子は非公開。どのようなステージが展開されるのか本番を楽しみにしておこう。

NHK総合 / NHKラジオ第1「第65回NHK紅白歌合戦」

2014年12月31日(水)19:15~23:45
※20:55~21:00に中断ニュースあり

音楽ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【プロモーションプランナー】