音楽ナタリー

アニメ寄生獣でビートボクサーが効果音担当

262

左からRinka、平野綾。

左からRinka、平野綾。

10月から日本テレビほかで放送されているアニメ「寄生獣 セイの格率」で、主人公・泉新一の右手に寄生した生命体「ミギー」の効果音を、ヒューマンビートボクサーのRinkaが担当していることが明らかになった。

Rinkaは17歳の女子高生ビートボクサーで、見た目からは想像できないドープなサウンドが特徴。小学生の頃にヒューマンビートボックスを始め、昨年はヒューマンビートボックスの日本一を決める大会「HUMAN BEATBOX BATTLE JAPAN」で優勝を果たしている。

彼女はこのアニメで、ミギーの迫力ある動きや愛らしい動きに、さまざまな技術を駆使して口だけで効果音を付けている。ミギー役の声優を務める平野綾の声と、Rinkaの効果音との“化学変化”にも注目して観てみよう。

なお、アニメ「寄生獣 セイの格率」はすでに第1・2話が放送済み。第3話は10月22日(水)深夜25:29より日本テレビほかでオンエアされる。

音楽ナタリーをフォロー