音楽ナタリー

ももクロ×バンド勢&エビしゃち競演GF2日目

718

ももいろクローバーZ

ももいろクローバーZ

昨日8月19日に東京・国立代々木競技場第一体育館にてライブイベント「GIRLS' FACTORY 14」の2日目公演が開催された。

この日の出演アーティストは、ももいろクローバーZ私立恵比寿中学チームしゃちほこねごとアーバンギャルド赤い公園の全6組。トップバッターを務めたのは赤い公園で、メンバー4人は登場するなり「こんにちは、赤い公園です! 今日のために名曲を作って持ってまいりました。皆さん聴いてください!」と第一声を発する。直後に佐藤千明(Vo, Key)がゆっくり歌い出したのは、ももクロの「走れ!」のサビ。すると本家のももクロもステージに現れ、いきなり赤い公園×ももクロ=“赤クロ”のコラボからイベントが始まった。赤い公園のライブ部分はフジテレビNEXTでの生中継に含まれないことから、2組は「以上私たち、生放送できないアイドル・赤クロZ!」と決めゼリフを吐いた。

モノノフの佐藤曰く「夢のような時間」だった1曲目を終え、赤い公園は単独でアクトを続行。9月24日発売のアルバム「猛烈リトミック」に収録される新曲「サイダー」、代表曲の1つ「絶対的な関係」、赤い公園のライブに欠かせない名曲「ふやける」の3曲を演奏した。その最中、客席は彼女たちのパフォーマンスを応援するかのように観客のサイリウムで赤1色に染まっていた。

2組目は「GIRLS' FACTORY」初登場のチームしゃちほこ。翌日8月20日に発売となる1stアルバム「ひまつぶし」からの新曲「抱きしめてアンセム」を届けたあと、メンバー6人は「今日はお姉さん方の足を引っ張らないよう、全力でがんばりまーす!」と元気に宣言し、「トリプルセブン」「乙女受験戦争」を披露。3曲ながらハツラツとした表情とダンスを見せ、来週8月28日に迫った日本武道館公演へ弾みを付けた。

アーバンギャルドは、まず「さくらメメント」で初見のオーディエンスの興味を引き、続く「自撮入門」「ワンピース心中」でアイドルファンからコールを巻き起こす。そして松永天馬(Vo)はメガホンを持ちながら「おや? 今日は平日。こんな平日の夕方からライブに来られる皆さんは、ニートの方々ではありませんか? おい! ニートのお前ら! 働けー!」と煽り、その流れからももクロとのユニット“悲劇のヒロイン・アバクロZ”として「労働讃歌」をコラボした。

次のねごとは、同イベント出演4度目の常連。センターに立つ蒼山幸子(Vo, Key)は「今日はねごとを初めて観る人がたくさんいるかもしれませんが、皆さんじゃんじゃんサイリウム振ってください!」と笑顔で話し、メンバー4人で「シンクロマニカ」「アンモナイト!」「ループ」を届ける。さらに、赤クロZ、アバクロZに続いて“夢の中のアイドル、寝ぼけたヒロイン・ねごクロZ”も実現。蒼山の「なんの曲やると思いますか? これね、超絶カッコいい曲リクエストしちゃったんですよ!」という前置きのもと、始まったのはももクロの1stアルバム「バトル アンド ロマンス」収録の「CONTRADICTION」だった。この選曲に観客は大盛り上がりで応え、ももクロとねごとも声の相性のよさを見せた。

エビ中とももクロの出番を残し、ここからは武部聡志をバンドマスターとするダウンタウンももクロバンドが演奏を担当。先発のエビ中は「ザ・ティッシュ~とまらない青春~」「仮契約のシンデレラ」、出席番号と名前の自己紹介を挟んで「バタフライエフェクト」「大人はわかってくれない」と4曲を披露し、生演奏でのパフォーマンスについて「こんなに貴重な機会はないね! 楽しかったねー!」と充実した表情を浮かべていた。

また、この日ならではのスペシャルアクトとして、有安杏果(ももいろクローバーZ)、柏木ひなた(私立恵比寿中学)、伊藤千由李(チームしゃちほこ)による事務所の先輩後輩ユニット・てんかすトリオが登場。3人は力強くエモーショナルな歌唱とキレキレのダンスを武器に、オリジナル曲「永遠のトリニティー」を送った。“ももか先輩”として随一の存在感を発揮した有安は、はける間際に「アイアムセンター、インディスルーム! あ、グループ!」と高らかに手を挙げた。

「GIRLS' FACTORY 14」のトリを飾るのは、2日間にわたり大活躍だったももいろクローバーZ。もはやホーム状態の大歓声が響く中、彼女たちは「ピンキージョーンズ」「ワニとシャンプー」「サラバ、愛しき悲しみたちよ」「泣いてもいいんだよ」、恒例の自己紹介を挟んで「MOON PRIDE」「猛烈宇宙交響曲・第七楽章『無限の愛』」とほぼ休憩なしで怒涛の連続パフォーマンスを展開。さらに高城れにの咳の演出から始まる「黒い週末」以降、後半もその勢いを緩めず「ココ☆ナツ」「行くぜっ!怪盗少女」「Chai Maxx」と続いた。最後の「灰とダイヤモンド」では、約1時間のアッパーなステージを締めくくる渾身の熱唱を披露。全員が堂々かつ晴れやかな顔つきを見せつつも、佐々木彩夏や有安の目には涙が溜まっていた。

その後、しゃちほことエビ中のメンバーたちが「早くしないと22時になっちゃう!」とステージに現れ、3Bjuniorによる「七色のスターダスト」へ。アカペラパートを経て、大サビからは赤い公園、アーバンギャルド、ねごとも参加し、この日の出演者全員がそろった。さらにMCの南明奈も含め、2001年から毎年歌い続けている同イベントのテーマ「夢みるシャンソン人形」を最後にプレゼント。各アーティストは和気あいあいと交流しながら曲を歌い、終演を告げる銀テープが宙に舞って大団円となった。

9月21日(日)にはフジテレビNEXTおよびフジテレビNEXTsmartにて「GIRLS' FACTORY 14」完全版が放送される。こちらは当日の生放送に映らなかった赤い公園パートと南明奈による各アーティストへのインタビュー映像も含まれる。

「GIRLS' FACTORY 14 DAY2」
2014年8月19日 国立代々木競技場第一体育館 セットリスト

赤い公園

01. 走れ! / 赤クロ
02. サイダー
03. 絶対的な関係
04. ふやける

チームしゃちほこ

01. 抱きしめてアンセム
02. トリプルセブン
03. 乙女受験戦争

アーバンギャルド

01. さくらメメント
02. 自撮入門
03. ワンピース心中
04. 労働讃歌 / アバクロ

ねごと

01. シンクロマニカ
02. アンモナイト!
03. ループ
04. CONTRADICTION / ねごクロ

私立恵比寿中学

01. ザ・ティッシュ~とまらない青春~
02. 仮契約のシンデレラ
03. バタフライエフェクト
04. 大人はわかってくれない

てんかすトリオ

01. 永遠のトリニティー

ももいろクローバーZ

01. ピンキージョーンズ
02. ワニとシャンプー
03. サラバ、愛しき悲しみたちよ
04. 泣いてもいいんだよ
05. MOON PRIDE
06. 猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」
07. 黒い週末
08. ココ☆ナツ
09. 行くぜっ!怪盗少女
10. Chai Maxx
11. 灰とダイヤモンド

3Bjunior

01. 七色のスターダスト

ALL LINE UP

01. 夢みるシャンソン人形

音楽ナタリーをフォロー