映画ナタリー

鈴木京香や犬童一心が審査するTSUTAYAの新人発掘企画、グランプリは渡部亮平

2069

左から増田宗昭、渡部亮平、鈴木京香。

左から増田宗昭、渡部亮平、鈴木京香。

「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2016」の最終審査会が、本日11月10日に東京・恵比寿ガーデンプレイス ザ・ガーデンホールにて開催された。

「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2016」は、クリエイターの発掘と育成を目的とした企画。プロ・アマを問わず60分以上の実写映像化が可能な企画書を募集し、受賞者には5000万円以上の製作資金や副賞が授与される。また完成作品は、全国のTSUTAYA店舗やTSUTAYA DISCAS、TSUTAYA TVにてレンタルと配信も予定されている。

2回目の開催となる今年度は、女優の鈴木京香、映画監督の犬童一心、スタジオ地図プロデューサーの齋藤優一郎、カルチュア・コンビニエンス・クラブ代表取締役社長兼CEOの増田宗昭らが審査員を務めた。

グランプリに輝いたのは、「かしこい狗は、吠えずに笑う」の監督・渡部亮平による企画「哀愁しんでれら(仮)」。“幸せな女性”の象徴であるシンデレラの恐ろしい行く末を描く作品だ。受賞にあたり渡部は、感極まった様子で「映画を撮れるっていうことが信じられないです。本当にうれしい、ただそれだけです」と語った。

2つある準グランプリのうち、Flimarks賞は「BRAKEMODE」監督のヤングポールによる「ゴーストマスターズ!~呪いのビデオができるまで~(仮)」、GREEN FUNDING賞は「ちょき」監督の金井純一が提案した「ファインディング・ダディー(仮)」が受賞。さらに会場で急遽審査員特別賞の授与が決定し、映像ディレクター・箱田優子の「ブルーアワー(仮)」が選ばれた。

審査を終えた犬童は、「僕は18歳のときにぴあフィルムフェスティバルに入選して、めちゃくちゃうれしかったんですが、そのあと作品が作れなかった。広告の会社に入って、自分で映画を作るまで15年かかりました。日本の映画界はまだ新しい才能を見つける余力がないです。だから増田会長、この企画を長く続けてください」と訴えかける。

齋藤は「映画は奇跡の連続でできていると思う。皆さんのチャレンジ精神に僕は励まされました」とコメント。鈴木は「皆さんの脚本を読ませていただき、毎回新鮮な気持ちになりました。自分の作りたいものをあきらめずに、夢を持ち続けてほしい」と参加者へエールを送った。

最後に増田の口から、今年度は422企画もの応募があったことや、来年度の開催が決定したことがアナウンスされた。また審査会の中では、第1回のグランプリ作品である中江和仁の「嘘と寝た女」が、TSUTAYAと東宝の協力体制により製作・配給が決定したことも明らかに。同作は劇場公開、TSUTAYA店頭でのレンタル、配信といった形で展開される予定だ。

TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2016

グランプリ

「哀愁しんでれら(仮)」/ 渡部亮平

準グランプリ(Flimarks賞)

「ゴーストマスターズ!~呪いのビデオができるまで~(仮)」/ ヤングポール

準グランプリ(GREEN FUNDING賞)

「ファインディング・ダディー(仮)」/ 金井純一

審査員特別賞

「ブルーアワー(仮)」/ 箱田優子

映画ナタリーをフォロー