映画ナタリー

「暗殺教室」山田涼介と菅田将暉が絆を再確認「これから長いもんな、俺ら」

800

「暗殺教室 ~卒業編~」公開記念舞台挨拶にて、左から菅田将暉、山本舞香。

「暗殺教室 ~卒業編~」公開記念舞台挨拶にて、左から菅田将暉、山本舞香。

3月25日に封切られた「暗殺教室 ~卒業編~」の公開記念舞台挨拶が、本日3月26日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて開催され、山田涼介、二宮和也、菅田将暉山本舞香桐谷美玲知英成宮寛貴椎名桔平、監督の羽住英一郎が登壇した。

主演を務めた山田は黒地に黄色の差し色が入ったスーツを着用し、「殺せんせーカラーでスーツを作っていただきました! 今日はそれぐらい気合いが入っております!」とアピール。映画初主演を飾った「暗殺教室」シリーズが幕を閉じるということで、「初主演というのは最初で最後なので思い入れが深いから、さみしいですね。自分の役はもちろん、キャストやスタッフの皆さんともお別れ。そこもさみしさの1つなのかな」としみじみ語った。

本作のクランクアップ時に山田から“3年E組”のメンバーに手紙が渡されたことについて触れられると、菅田は「1人ひとりそれぞれに向けた感謝の言葉でした。座長の愛情ですかね」とにっこり。教師役の椎名や、3年E組の担任・殺せんせーに声を当てた二宮から「ちょっといいですか! 大人には?」「もらってませんけど!」と言い寄られた山田は「すみませんでした!」と恐縮しつつ、「今回、初めて演技をする子とかもいたんです。僕が初めて主演ドラマをやったとき、みんなで撮った写真とメッセージ入りのアルバムをくださったキャストの方がいて。『涼介もいつか渡す側になるといいね』と言われたのをずっと覚えていて、僕もみんなに思い出を残してあげたいなと思ったんです」と晴れやかに述べる。

本作には、山田と菅田が演じる渚と業の激しい決闘シーンも。役を通じて絆を深めたことでさぞかし別れが惜しいのではと思いきや、菅田は「これから長いもんな、俺ら」とケロッとした表情で山田を見やる。山田がその言葉に応じるようにうなずくと、菅田は「これからいろんな作品に出演していく中で、山田涼介という人間の初主演映画でずっと彼の横にいさせてもらったことが将来生きてくればいいなと思います」と続け、「何言ってるかわからないですね」と照れ笑い。菅田の思いを受け、山田は「ありがとう」と笑顔を見せていた。

前作では声のみの出演だったが、本作にて殺せんせーの過去の姿・“死神”役で出演した二宮は「楽しかったですよ! スタッフの方々の顔もようやく見れて、安心してできました」と撮影を振り返る。本作の製作報告会見の際には、キャストやスタッフに食事をおごったエピソードが司会者によって明かされた二宮だったが、この日も「山田さんを自宅に呼んでしゃぶしゃぶパーティをしたとか?」という質問が。「いやいや、そんな。やめましょうよ、ね?」ともったいぶる二宮に対して、司会者が負けじと「高級肉を用意したり?」と聞いて攻防戦を繰り広げていると、山田が「298円の肉でしたよ!」と暴露。舞台挨拶の模様が全国180スクリーンの劇場に生中継されていたこともあり、二宮は「次の回で言ってよ!」とうろたえて会場を笑わせた。

最後にサプライズで、原作者の松井優征から届いた手紙が読まれることに。「作者自身はこの作品を見て3回泣きました」「この制作陣でなければ、作者をここまで満足させてくれる映画はできなかったのでは」と大絶賛のコメントに一同は大喜び。撮影現場で松井と言葉を交わすことが多かったという山田は、「松井先生の『暗殺教室』に対する熱い思いを聞いて、僕も役に対する思い入れが変わっていきました。これだけ多くの人に原作も映画も愛されとても幸せです」と思いの丈を伝えた。

「暗殺教室 ~卒業編~」は全国の劇場で上映中。

※コミックナタリー Power Push 公開中!
「暗殺教室」完結記念、殺せんせーからの「卒業テスト」を徹底解説&映画版カエデ役・山本舞香インタビュー

暗殺教室×ナタリーストア
※ご購入はこちらから!
暗殺教室×ナタリーストア

(c)2016 フジテレビジョン 集英社 ジェイ・ストーム 東宝 ROBOT (c)松井優征/集英社

映画ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【プロモーションプランナー】