藤田和日郎「うしおととら」の新作執筆中、サンデーに掲載

 
mixiチェック

2012年11月8日 14:03 1108

イメージ

藤田和日郎「うしおととら」文庫版の1巻。

藤田和日郎「うしおととら」の新作読み切りが、12月末ごろ発売の週刊少年サンデー(小学館)に掲載されることが明らかになった。藤田が、自身のTwitterアカウントにて告知している。

「うしおととら」は人間の少年・蒼月潮と、少年の家に封印されていた妖怪・とらが出会い、コンビで妖怪退治をするアクション作品。1996年まで週刊少年サンデーに連載され、第37回小学館漫画賞を受賞した人気作だ。

この新作は、東日本大震災の被災地を復興支援するプロジェクト「ヒーローズ・カムバック」の一環として執筆される。細野不二彦の提案によりスタートした同計画には、細野を含めて計8名のマンガ家が参加。雑誌で発表された読み切りをまとめて単行本化し、必要経費を除いた収益・印税のすべてを寄付にあてる。単行本は2013年3月に発売予定。

「ヒーローズ・カムバック」では、すでに細野、ゆうきまさみが作品を発表済み。11月12日に発売される週刊ビッグコミックスピリッツ50号には吉田戦車の「伝染るんです。外伝『サラマンダー』」、同日発売のゲッサン12月号(ともに小学館)では石森プロ協力による島本和彦の「サイボーグ009」が掲載される。そのほか同プロジェクトには高橋留美子、椎名高志、荒川弘が参加し、週刊少年サンデーにて作品を発表する予定だ。

ナタリーストア「ピンポン」グッズ
ナタリーストア「TOKYO CULTUART by BEAMS × egicco」グッズ
コミックナタリーpresents 現役マンガ編集者142人が年度折り返しの秋に選ぶ、この1年間に刺激を受けたマンガBest100。「コミックナタリー大賞 2013」公式サイト
コミナタ漫研 / マンガ家が語る「いま面白いマンガ」月例トークイベント全記録
コミックナタリーのニュースをTwitterでフォロー!