コミックナタリー

ルパン新作「血煙の石川五ェ門」のサントラ発売、次元描く映画との上映会も

503

モンキー・パンチ原作による劇場アニメ「LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門」と、同じく「LUPIN THE IIIRD」シリーズの「次元大介の墓標」の連続上映会が、1月16日に東京・新宿バルト9にて開催される。

上映会では石川五ェ門役の浪川大輔小池健監督、浄園祐プロデューサーが登壇してのトークイベントも実施。チケットは明日1月7日0時よりKINEZO EXPRESSにて販売される。

なお「LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門」のサウンドトラックが、同作の上映劇場で、公開日の2月4日から特典ポスター付きで販売されることも決定。音楽を担当したジェイムス下地は「『血煙の石川五ェ門』は、今までの五ェ門=尺八サウンド、『つまらぬものを斬ってしまった』がお約束で、ある意味コメディ・テイストがありましたが、今回はただただ一人の人間の心の葛藤、成長、命のやり取り、そしてバカな男たちのこだわり…をフォローする音楽をつけました」と語っている。

ジェイムス下地コメント

作品(『血煙の石川五ェ門』)を観ての感想

ルパン三世シリーズに限らず、こんなにシリアスでハードなアニメーション作品は過去に見たことがありません。最後の15分はただただ圧巻の一言で、知らず知らずのうちに力が入ってしまい、終わった後の緊張感からの解放がなんとも言えません。

今回の「血煙の石川五ェ門」でこだわったポイント

前作「次元大介の墓標」は、新しいLUPIN THE IIIRDシリーズの第1作目でしたので、今までのルパン三世の世界を踏襲しつつも、よりエッジの効いたクールな世界観を目指して作りました。
「血煙の石川五ェ門」は、今までの五ェ門=尺八サウンド、「つまらぬものを斬ってしまった」がお約束で、ある意味コメディ・テイストがありましたが、今回はただただ一人の人間の心の葛藤、成長、命のやり取り、そしてバカな男たちのこだわり…をフォローする音楽をつけました。
ドブロと言う楽器をかなりフューチャーし、新たな和を感じるところもあるかと思います。作品内での最大の聴きどころは、無音だと思います。ある意味そのための音楽とも言えます。

サントラを聞く人に一言

今作は「次元大介の墓標」のクールな世界を引き継ぎつつも、全く新しいLUPIN THE IIIRDの世界にチャレンジしました。楽しんで聞いていただけたら嬉しいです!

「LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標」公開記念! 舞台挨拶付き「次元大介の墓標」×「血煙の石川五ェ門」連続上映会

日時:2017年1月16日(月)18:30の回
会場:新宿バルト9
料金:2500円
出演:浪川大輔小池健監督 、浄園祐プロデューサー

「LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門」

キャスト

ルパン三世:栗田貫一
次元大介:小林清志
石川五ェ門:浪川大輔
峰不二子:沢城みゆき
銭形警部:山寺宏一

スタッフ

原作:モンキー・パンチ
監督・演出:小池健
脚本:高橋悠也
音楽:ジェイムス下地
アニメーション制作:テレコム・アニメーションフィルム
製作・著作:トムス・エンタテインメント

原作:モンキー・パンチ(c)TMS

コミックナタリーをフォロー