コミックナタリー

「このマンガがすごい!」1位は「中間管理録トネガワ」&「金の国 水の国」

631

宝島社が毎年発行しているマンガ紹介本の最新版「このマンガがすごい!2017」が、本日12月10日に発売された。今年度オトコ編の1位に選ばれた作品は福本伸行協力、萩原天晴原作、橋本智広・三好智樹作画「中間管理録トネガワ」。オンナ編1位には岩本ナオ「金の国 水の国」が輝いた。

「中間管理録トネガワ」は、「賭博黙示録カイジ」に登場する利根川幸雄を主人公に据えたスピンオフ作品。オトコ編1位に選ばれたことを記念して福本はコメントを寄稿し、作画担当の橋本・三好と原作者・萩原は鼎談を行っている。

「金の国 水の国」は、互いにいがみ合うふたつの国を舞台としたファンタジー作品。仲裁のためA国はB国に嫁を、B国はA国に婿をそれぞれ出すことになり、両国の男女が出会ったことから始まる騒動を描いている。オンナ編1位を記念し、誌面には岩本のインタビューが掲載された。

そのほか同誌では、昨年のランキング上位者にアンケートを取る「あの人気漫画家に聞く」も実施。安藤ゆきKANA川端志季コトヤマ沙村広明三部けい清水茜たかぎ七彦高野雀田亀源五郎谷和野とり・みき、なかとかくみこ、日当貼東村アキコふじた藤田和日郎眉月じゅん森野萌野干ツヅラ、柳本光晴、ヤマザキコレ山下和美山本さほゆうきまさみの総勢25名が、質問に合わせてオススメのマンガを挙げている。

「このマンガがすごい!2017」では、オトコ編・オンナ編のランキングを50位まで発表。2位以下の作品は誌面にて確認しよう。なお「このマンガがすごい!WEB」では、一部ページのディレクターズ・エディション版を公開中だ。

コミックナタリーをフォロー