コミックナタリー

阿部共実&釣巻和、新鋭による思春期悪魔コメディの主人公を執筆

72

陸野二二夫「それでも世界を崩すなら」の単行本発売を記念し、阿部共実釣巻和が同作の応援イラストを執筆した。

季刊誌・もっと!(秋田書店)とWebマンガサイトのChampionタップ!で発表された「それでも世界を崩すなら」は、友達がいない女子中学生・黒野書子(くろのかくこ)の思春期コメディ。世界をめちゃくちゃにしてしまおうと召喚した赤べこ顔の悪魔に、「力を貸してほしいなら友達を作ること」と条件を出された彼女の奮闘が描かれている。

阿部は「死にたくなるしょうもない日々が死にたくなるくらいしょうもなくて死ぬほど死にたくない日々」を、釣巻は「のの湯」を、それぞれChampionタップ!に連載中。2人は同作の主人公・書子をそれぞれのタッチで描いた。イラストは同サイトの「それでも世界を崩すなら」1話と2話それぞれの最終ページに掲載されている。作品の試し読みもできるので、興味のある人はチェックしてみては。

コミックナタリーをフォロー