コミックナタリー

「キングダム」など“いま読みたい”100作をPenで紹介、日本マンガ史年表も

178

本日7月15日に発売されたライフスタイル誌・Pen8月1日号(CCCメディアハウス)では、「いま読みたい、日本のマンガ」と題した特集が組まれている。表紙は7月17日に単行本最新39巻の発売を控えた、原泰久「キングダム」が飾った。

特集では「時代を映し出す注目のマンガ」として100タイトルを紹介。「キングダム」をはじめ、よしながふみ「大奥」、東村アキコ「かくかくしかじか」、山下和美「ランド」、竜田一人「いちえふ 福島第一原子力発電所労働記」、田亀源五郎「弟の夫」、石塚真一「BLUE GIANT」、雲田はるこ「昭和元禄落語心中」の計8作の紹介ページでは、各作者への取材を通し、作品の舞台裏に迫っている。

このほか「ツルモク独身寮」で知られる窪之内英策と建築家・谷尻誠との対談や、浅野いにお、映画監督の大根仁らへのインタビューも掲載。日本マンガ史における代表的な作品を取り上げた年表も収められた、大ボリュームの1冊となっている。

コミックナタリーをフォロー