スタジオライフ「ヴェニスに死す」美青年タッジオ役は馬場良馬・松本慎也

1

482

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 212 249
  • 21 シェア

スタジオライフ「ヴェニスに死す」が、9月1日から8日まで東京・シアターサンモールで上演される。

スタジオライフ「ヴェニスに死す」ビジュアル

スタジオライフ「ヴェニスに死す」ビジュアル

大きなサイズで見る

「ヴェニスに死す」はトーマス・マンが1912年に発表した小説。スタジオライフでは1997年に同作の舞台版を初演している。約24年ぶりの上演となる今回は、2021年版として再構成された内容が展開。出演者には主人公の作家・アッシェンバッハ役の笠原浩夫、アッシェンバッハが心を奪われる美青年タッジオ役の馬場良馬松本慎也らが名を連ねた。なお上演はAとBの2チーム制で行われ、一部の配役が異なる。公開されたビジュアルには馬場と松本の姿が収められた。

脚本・演出の倉田淳は、上演に向け「コレラのパンデミックを状況とした『ヴェニスに死す』の上演が、2021年のコロナ禍に暮らす我々にとって、『死』の存在が『生』を考える機会となるよう提示したい」とコメントしている。チケットの一般販売は8月7日10:00にスタート。一部公演の終演後には撮影会やトークショーが行われる。

倉田淳メッセージ

主人公グスタフ・フォン・アッシェンバッハは作家、執筆活動に疲れ保養の為にヴェニスを訪れる。

そこで一人の美青年タッジオに出逢ったことを機に、自己のレゾンデートルを深く模索し、死の意味、生の意味と向き合う。

コレラのパンデミックを状況とした「ヴェニスに死す」の上演が、2021年のコロナ禍に暮らす我々にとって、「死」の存在が「生」を考える機会となるよう提示したい。

スタジオライフ「ヴェニスに死す」

2021年9月1日(水)~8日(水)
東京都 シアターサンモール

原作:トーマス・マン
脚本・演出:倉田淳
出演:笠原浩夫馬場良馬松本慎也山本芳樹曽世海司遊佐航、ミヤタユーヤ、池辺光完、伊藤清之、大村浩司、藤原啓児

全文を表示

読者の反応

  • 1

ステージナタリー @stage_natalie

スタジオライフ「ヴェニスに死す」美青年タッジオ役は馬場良馬・松本慎也(コメントあり)
https://t.co/DAaunchuiT https://t.co/a6ovZIAIRp

コメントを読む(1件)

スタジオライフのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 スタジオライフ / 倉田淳 / 笠原浩夫 / 馬場良馬 / 松本慎也 / 山本芳樹 / 曽世海司 / 遊佐航 / 藤原啓児 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします