「週刊朝日」表紙に植田圭輔、舞台「鬼滅の刃」での我妻善逸役を語る

1

263

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 66 187
  • 10 シェア

昨日7月20日に発売された「週刊朝日」2021年7月30日号(朝日新聞出版)の表紙&グラビアを、植田圭輔が飾っている。

「週刊朝日」2021年7月30日号(朝日新聞出版)表紙

「週刊朝日」2021年7月30日号(朝日新聞出版)表紙

大きなサイズで見る

週刊朝日 2021年7月30日号

週刊朝日 2021年7月30日号
Amazon.co.jp

植田が総合週刊誌の表紙を飾るのは今回が初めて。自身は8月7日から東京・天王洲 銀河劇場でスタートする「舞台『鬼滅の刃』其ノ弐 絆」にて、すぐに泣き叫ぶ我妻善逸を演じるが、紙面で植田は、我妻善逸の抱える恐怖が「手に取るようにわかる」とコメント。その真意を語った。そのほか、仕事に対する考え方や、オフの日の切り替え方法など、植田の素顔が見えるインタビューが掲載されている。

本誌価格は税込440円。

読者の反応

  • 1

ステージナタリー @stage_natalie

「週刊朝日」表紙に植田圭輔、舞台「鬼滅の刃」での我妻善逸役を語る
https://t.co/lDaZv8gL62 https://t.co/R8yuhPf3kI

コメントを読む(1件)

関連記事

植田圭輔のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 植田圭輔 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします