“メディア王”と英国新聞業界を描く「インク」俳優座が上演、演出は眞鍋卓嗣

89

劇団俳優座「インク」が、6月11日から27日まで東京・俳優座 5F稽古場で上演される。

劇団俳優座No.346「インク」チラシ表

劇団俳優座No.346「インク」チラシ表

大きなサイズで見る(全2件)

「インク」は、イギリスのジェイムズ・グレアムにより2017年に発表された作品。2018年にはオリヴィエ賞のベストニュープレイ賞にノミネートされ、翌2019年にはトニー賞演劇作品賞の候補となった。日本初演となる今回は小田島恒志が翻訳、眞鍋卓嗣が演出を担うほか、鈴木光介が音楽、菅尾なぎさが振付、杉山至が美術を手がける。

舞台は1969年のロンドン。部数低迷にあえぐ日刊紙「The Sun」を買収した“メディア王”ルパート・マードックは、ラリー・ラムに声をかけ、大衆のための大衆紙を作ろうと試みる。世界最大発行部数を誇る「The Daily Mirror」を超えるために新しいチームを結成した彼らの編集方針は、これまでの常識をことごとく打ち破るもので……。

なお一部上演回にはアフタートークやプレトーク、バックステージイベントが用意されている。チケットの前売りは本日5月6日にスタートした。

この記事の画像(全2件)

劇団俳優座No.346「インク」

2021年6月11日(金)~27日(日)
東京都 俳優座 5F稽古場

脚本:ジェイムズ・グレアム
翻訳:小田島恒志
演出:眞鍋卓嗣
出演:加藤佳男、山下裕子、河内浩塩山誠司渡辺聡、安藤みどり、志村史人、千賀功嗣、八柳豪、宮川崇、野々山貴之、椎名慧都、松本征樹

全文を表示

関連記事

劇団俳優座のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 劇団俳優座 / 眞鍋卓嗣 / 河内浩 / 塩山誠司 / 渡辺聡 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします