明日海りおが男装のヒロインに、ミュージカル「マドモアゼル・モーツァルト」上演

1723

明日海りお主演のミュージカル「マドモアゼル・モーツァルト」が、10月10日から31日まで東京・東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)で上演される。

ミュージカル「マドモアゼル・モーツァルト」ビジュアル

ミュージカル「マドモアゼル・モーツァルト」ビジュアル

大きなサイズで見る

福山庸治の同名マンガを原作にした本作は、音楽座が1991年に初演したミュージカル。劇中では、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが実は女性だったら?というフィクションの物語が展開する。女性が音楽家になれなかった時代に、音楽の才能を持って生まれた少女・エリーザは、男の子・モーツァルトとして育てられ、時代の寵児として宮廷でもてはやされるようになる。宮廷作曲家のサリエリはモーツァルトの音楽に否定的だったが、一方でモーツァルトを、目のそらせない存在として認めていた。やがてモーツァルトは、下宿先の娘・コンスタンツェと結婚するが、女であることがバレてしまい……。

今回は演出を小林香が務め、主人公のモーツァルト / エリーザを明日海、サリエリ役を平方元基、大劇場支配人でモーツァルトの友人・シカネーダー役を古屋敬多(Lead)が演じる。明日海は演じる役との共通点を「私の場合は宝塚時代に、葛藤などなしに好き好んで男役を演じておりましたので、その経験が生かされるかと言うと、少し違うかもしれませんが、ただ、エリーザが、初めてドレスに身を包む時の恥じらいや、女性として扱われた時に目に映る景色は、きっと誰よりもリアルに、自身とリンクして演じられるのではないかと、楽しみにしております」と語りつつ、「彼と彼が魂を捧げた音楽、彼とそれぞれ登場人物、ピュアでありながら壮絶な関係性を、歌に、お芝居に乗せてお届けできたらと思います。私にとりましては、難関への挑戦が目白押しになりそうですが、どうぞご期待下さいませ」とコメントした。コンスタンツェ役は、7月中旬に発表される予定だ。

明日海りおコメント

音楽座作品は、昨年「シャボン玉とんだ 宇宙(ソラ)まで飛んだ」を知って大変興味がありましたので、お話をいただいて嬉しく思っております。

今作では、ヴォルフガング・モーツァルト、男として育てられたエリーザを演じます。私の場合は宝塚時代に、葛藤などなしに好き好んで男役を演じておりましたので、その経験が生かされるかと言うと、少し違うかもしれませんが、ただ、エリーザが、初めてドレスに身を包む時の恥じらいや、女性として扱われた時に目に映る景色は、きっと誰よりもリアルに、自身とリンクして演じられるのではないかと、楽しみにしております。

この作品以外にも、ミュージカル等で様々な描かれ方のある、モーツァルト。彼と彼が魂を捧げた音楽、彼とそれぞれ登場人物、ピュアでありながら壮絶な関係性を、歌に、お芝居に乗せてお届けできたらと思います。

私にとりましては、難関への挑戦が目白押しになりそうですが、どうぞご期待下さいませ。

ミュージカル「マドモアゼル・モーツァルト」

2021年10月10日(日)~31日(日)
東京都 東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)

原作:福山庸治「マドモアゼル・モーツァルト」
演出:小林香

キャスト

モーツァルト / エリーザ:明日海りお
サリエリ:平方元基
シカネーダー:古屋敬多(Lead)
ほか

全文を表示

関連記事

明日海りおのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 明日海りお / 平方元基 / 古屋敬多 / 小林香 / 福山庸治 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします