短距離男道ミサイル、10周年記念公演は“阿弖流爲”テーマに東北描く新作

100

劇団 短距離男道ミサイル「みちのく超人伝説(ミチノクヒロイックサーガ)北天鬼神譚アクロオー阿弖流爲Z Episode Final さらば愛しき人よ」が、5月27日から6月7日まで宮城・せんだい演劇工房10-BOX box-1で上演される。

劇団 短距離男道ミサイル 36発目「みちのく超人伝説(ミチノクヒロイックサーガ)北天鬼神譚アクロオー阿弖流爲Z Episode Final さらば愛しき人よ」ビジュアル

劇団 短距離男道ミサイル 36発目「みちのく超人伝説(ミチノクヒロイックサーガ)北天鬼神譚アクロオー阿弖流爲Z Episode Final さらば愛しき人よ」ビジュアル

大きなサイズで見る(全6件)

劇団の10周年記念公演となる本作は、阿弖流爲をテーマにした新作。7XX年、東北は核の炎に包まれ、すべての生物が死滅したかのように見えた。しかし、蝦夷の魂は死滅しておらず、“1匹”の男が愛する者を守るために立ち上がる……。

本作では作・演出を本田椋が担当。出演者には小濱昭博、武長慧介、武者匠、齋藤拓海、本田、そして神崎祐輝、三澤一弥が名を連ねた。本田は上演に向け「蝦夷の魂を大地から滾らせ、今を生きる人々の美学に凝縮するための儀礼的芸術として本作を届けたいと感じております」とコメントしている。

チケットの一般販売は、4月17日10:00にスタート。また、開幕に先駆け、一部シーンを限定公開するオンラインイベント「アテルイプレイベント」が5月5日17:00から実施される。詳細は劇団の公式サイト、公式Twitterアカウントで確認しよう。

本田椋コメント

東日本大震災、および劇団の決起から10年が経過しました。千年に一度という大災害を改めて捉え直すべく東北の歴史を遡行していくと、あるひとりの男に辿り着きます。それが阿弖流爲です。故・石川裕人さんの遺した「東北はなめられている。」という言葉が、阿弖流爲が奔馬のように駆け抜けた時代に重なります。蝦夷の魂を大地から滾らせ、今を生きる人々の美学に凝縮するための儀礼的芸術として本作を届けたいと感じております。

この記事の画像(全6件)

劇団 短距離男道ミサイル 36発目「みちのく超人伝説(ミチノクヒロイックサーガ)北天鬼神譚アクロオー阿弖流爲Z Episode Final さらば愛しき人よ」

2021年5月27日(木)~6月7日(月)
宮城県 せんだい演劇工房10-BOX box-1

作・演出:本田椋
出演:小濱昭博、武長慧介、武者匠、齋藤拓海、本田椋 / 神崎祐輝、三澤一弥

「アテルイプレイベント」配信

2021年5月5日(水・祝)17:00~19:00

※神崎祐輝の「崎」は立つ崎(たつさき)が正式表記。

全文を表示

劇団 短距離男道ミサイルのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 劇団 短距離男道ミサイル / 本田椋 / 小濱昭博 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします