スイッチ総研「象の鼻スイッチ2020」日本大通りの3エリアで同時多発展開

51

スイッチ総研「象の鼻スイッチ2020」が、9月26・27日に神奈川・日本大通り駅 三塔広場、日本大通り、象の鼻パークで開催される。

スイッチ総研「象の鼻スイッチ2020」の会場イメージ。

スイッチ総研「象の鼻スイッチ2020」の会場イメージ。

大きなサイズで見る(全7件)

スイッチ総研。左から山本雅幸、光瀬指絵、大石将弘。(撮影:濱田英明)

スイッチ総研。左から山本雅幸、光瀬指絵、大石将弘。(撮影:濱田英明)[拡大]

2017年のスイッチ総研「象の鼻スイッチ」より。

2017年のスイッチ総研「象の鼻スイッチ」より。[拡大]

スイッチ総研は、ニッポンの河川の光瀬指絵、ままごと / ナイロン100℃の大石将弘、青年団の山本雅幸を中心とした団体。鑑賞者が“スイッチ”を押すと“何か”が起きる3~30秒の小さな演劇を日本各地の道、商店街、公園、海辺、山中、学校、銭湯、美術館、劇場などで上演してきた。

今回は「ヨコハマトリエンナーレ2020」連携企画「Creative Railway」の一環として、神奈川・象の鼻テラスが主催するアートプロジェクト「ZOU-NO-HANA FUTURESCAPE PROJECT2020」に参加する。脚本・演出を光瀬、研究開発を大石と光瀬が担当。光瀬が出演するほか、“契約所員”として有吉宣人、クロムモリブデンの小林義典、FUKAIPRODUCE羽衣の田島冴香、ゆうめいの田中祐希、東京デスロックの間野律子、“客員研究員”として中野成樹+フランケンズの洪雄大、花戸祐介森田真和らが参加する。

参加は無料で予約不要。14:00からと16:30からの1日2ステージ、各回30分を予定している。

この記事の画像(全7件)

「ZOU-NO-HANA FUTURESCAPE PROJECT2020」参加作品 スイッチ総研「象の鼻スイッチ2020」

2020年9月26日(土)・27日(日)14:00~14:30 / 16:30~17:00
神奈川県 日本大通り駅 三塔広場、日本大通り、象の鼻パーク
※雨天決行、荒天中止

作:スイッチ総研
脚本・演出:光瀬指絵
研究開発・出演:大石将弘(研究開発のみ)、光瀬指絵
契約所員:有吉宣人、小林義典田島冴香、田中祐希、福永マリカ細谷貴宏、間野律子
客員研究員:大道朋奈、川田希(27日のみ)、洪雄大、島田桃依、長南洸生、花戸祐介森田真和
上席非常勤研究員:牛尾茉由、久保和支、鈴木正也、土肥麻衣子
ほか

全文を表示

スイッチ総研のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 スイッチ総研 / 光瀬指絵 / 大石将弘 / 小林義典 / 田島冴香 / 福永マリカ / 細谷貴宏 / 川田希 / 島田桃依 / 花戸祐介 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします