ステージナタリー - 演劇・ダンス・ミュージカルのニュースを毎日配信

家城啓之が手がける「シェア・ザ・ワールド2020」に伊勢大貴、谷川愛梨ら

250

舞台「シェア・ザ・ワールド2020」が2月20日から23日まで東京・紀伊國屋ホールで上演される。

家城啓之が脚本・演出を手がける本作には、伊勢大貴、劇団Patchの松井勇歩ザ・ギースの高佐一慈と尾関高文ダイノジ大地洋輔グランジの五明拓弥、井下好井好井まさお、唐組の福本雄樹、塙さより、山崎真実、そして本日12月25日にNMB48を卒業する谷川愛梨が出演する。

劇中では、都心から離れた一軒家のシェアハウスを舞台にした物語が展開。家城は上演に際し、「『主役は誰か?』で、2020年のまさに“今”の空気を出せたら最高です。最後まで観れば何の物語で誰が主役かわかるはずです!」とコメントしている。

チケットの先行販売は12月28日から1月6日まで受け付けられ、一般発売は1月9日にスタートする。

舞台「シェア・ザ・ワールド2020」

2020年2月20日(木)~23日(日・祝)
東京都 紀伊國屋ホール

脚本・演出:家城啓之
出演:伊勢大貴松井勇歩、高佐一慈(ザ・ギース)、尾関高文(ザ・ギース)、大地洋輔ダイノジ)、五明拓弥(グランジ)、好井まさお井下好井)、福本雄樹、塙さより / 山崎真実谷川愛梨 ほか

※尾関高文と大地洋輔はWキャスト。

ステージナタリーをフォロー