ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

日本のラジオ「ナイゲン 暴力団版」開幕、屋代秀樹「怪作にしあがりました」

94

日本のラジオ 10月本公演「ナイゲン 暴力団版」より。(撮影:保坂萌)

日本のラジオ 10月本公演「ナイゲン 暴力団版」より。(撮影:保坂萌)

日本のラジオ「ナイゲン 暴力団版」が、昨日10月23日に東京・花まる学習会王子小劇場で開幕した。

本作は、日本のラジオ・屋代秀樹が、アガリスクエンターテイメント・冨坂友による「ナイゲン」を“暴力団版”として立ち上げるもの。暴力団の三代目空蝉組は、関東最大の組織・藤道会傘下に入ることになった。しかし藤道会から提示された条件は、「対立する鬼灯会の幹部・内藤ゲンシロウ(通称ナイゲン)のタマをとれ」というもので……。

開幕に際し作・演出を手がける屋代は、「登場人物全員暴力団、お客さんがはたして笑うのか凍りつくのかステージによっては全く真逆になりそうな怪作にしあがりました」と手応えを語ると共に、観客に向けて「個性豊かなミドル俳優13人が揃っているので、みなさんそれぞれがお気に入りのヤクザを見つけてください」とメッセージを送っている。

上演時間は約1時間30分。公演は10月28日まで。

日本のラジオ 10月本公演「ナイゲン 暴力団版」

2019年10月23日(水)~28日(月)
東京都 花まる学習会王子小劇場

原案:冨坂友「ナイゲン」
作・演出:屋代秀樹
出演:安東信助、淺越岳人、浅見臣樹、泉政宏、市森正洋、高山五月、西本泰輔、蓮根わたる、宮崎雄真、山森信太郎、吉岡そんれい、吉成豊、渡邉守

ステージナタリーをフォロー