ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

「ジャパン・オペラ・フェスティヴァル」名古屋城をバックに「蝶々夫人」上演

71

「ジャパン・オペラ・フェスティヴァル2019」野外オペラ「蝶々夫人」の告知ビジュアル

「ジャパン・オペラ・フェスティヴァル2019」野外オペラ「蝶々夫人」の告知ビジュアル

「ジャパン・オペラ・フェスティヴァル2019」が9月26日から29日まで愛知・名古屋城天守閣前広場 特設ステージで開催される。

「ジャパン・オペラ・フェスティヴァル」は日伊共同制作による催し。今回はジャコモ・プッチーニ作曲のオペラ「蝶々夫人」を日本語字幕付きで原語上演する。指揮を吉田裕史、演出をガブリエーレ・リビスが担当。なお9月30日には、神奈川・ミューザ川崎シンフォニーホールにてボローニャフィルハーモニー管弦楽団による特別ガラコンサートが開催される。

「ジャパン・オペラ・フェスティヴァル2019」

2019年9月26日(木)~29日(日)
愛知県 名古屋城天守閣前広場 特設ステージ

演目:オペラ「蝶々夫人」
作曲:ジャコモ・プッチーニ
台本:ルイージ・イッカ、ジュゼッペ・ジャコーザ
指揮:吉田裕史
演出:ガブリエーレ・リビス
演奏:ボローニャフィルハーモニー管弦楽団
合唱:ヴェローナフィルハーモニー合唱団、さわかみオペラ財団選抜合唱団
合唱指揮:アルマンド・タッソ

ステージナタリーをフォロー