ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

東啓介&青野紗穂がエネルギッシュに歌う、「Color of Life」稽古場レポ

531

New Musical「Color of Life」稽古場より。

New Musical「Color of Life」稽古場より。

昨日4月5日に、東啓介青野紗穂が出演する「New Musical『Color of Life』」の稽古場が公開された。

「Color of Life」は、アメリカ・ニューヨークで開催されたオフ・オフ・ブロードウェイの国際演劇祭「Midtown International Theatre Festival」で、石丸さち子と伊藤靖浩のタッグにより上演され、最優秀ミュージカル作品賞ほか計4部門を受賞した作品。劇中では画家・和也と女優・レイチェルを主軸としたストーリーが展開する。

この日はまず、恋人と死別したレイチェルが歌う冒頭のナンバー「空っぽの部屋」の稽古が行われた。石丸は青野の隣に座ると、自らも歌ってみせながら、歌詞に込められたレイチェルの感情を説明していく。青野は「ここは自虐なんだよ」「気付きを込めて」「このロングトーンはサーチライトのイメージ」といった石丸の指導を真摯に聞き、レイチェルの悲痛な叫びを歌い上げた。

続いては大震災を機に画題を見失ってしまった画家・和也役の東が「カラー・オブ・ライフ」を歌唱。東は高音のパートを柔らかく歌いながら、和也が感情を高ぶらせていく様子を表現する。石丸は一度歌い終えた東に、和也の心の揺れ動きを伝えながら、立ち位置や仕草を細かく指示していった。

東が石丸のオーダーに応えながら曲の最後のロングトーンを高らかに響かせると、石丸からは「よし、そのまま続けて」と声が飛び、シーンは和也とレイチェルが出会う成田空港へ。東と青野は折り畳み式の椅子をスーツケースのように引きながら、ニューヨークを目指す和也とレイチェルを演じる。石丸は歩き回る2人を見つめながら「リアルに演じて」「紗穂はもっと明るく! 『あたしは女優よ』って顔で」と次々にオーダーを出していった。

和也とレイチェルが飛行機の中で知り合う場面に差しかかると、石丸は「よし、一旦止めよう。せっかくカメラが入ってるんだから、動きのある場面をやろうか(笑)」と提案する。東は、レイチェルの隣で目覚めた和也が彼女と共に過ごす幸福を噛み締めるナンバー「しあわせ」を披露。和也がレイチェルとの暮らしにインスピレーションを受け、新しい絵を描き出すさまを歌い上げる。さらに青野は、オーディションを受けるレイチェルが自身のアイデンティティに迷いながら感情を爆発させていくさまを歌う楽曲「Who Am I? Who are You?」を力強くパフォーマンスした。

2人がそれぞれ歌い終えると、石丸は「休憩!」と呼びかけるが、東に「ここでは画家目線で幸せを歌って」「もう少しじっくり、その絵が自分の手から生まれたような感じで」とアドバイスを送る。真剣な表情で石丸の言葉に耳を傾ける東に、石丸が「じゃあもう1度歌ってみようか! ……あっ、休憩って言ったのにね(笑)」と笑顔を見せると、東と青野からも笑いがこぼれる。東は石丸の言葉に「ありがちですよね(笑)」と答え、再度アクティングスペースへと向かっていった。

なお上演に向けて、東と青野からコメントが到着。これまでにも石丸の演出作に参加してきた東は「歌もお芝居も、今苦しんでお稽古している最中です。是非劇場で、この作品を通して成長した姿をご覧いただきたいですね」と呼びかけ、青野は「いつもピリッとした緊張感と、そこに生まれる幸せを噛み締めています」と稽古の手応えを語った。

「Color of Life」は、4月26日に神奈川・相模女子大学グリーンホール 多目的ホールでプレビュー公演が行われたのち、5月1日から27日まで東京・DDD AOYAMA CROSS THEATERで上演される。また一部日程ではアフタートークが実施され、ゲストには相葉裕樹納谷健上口耕平松岡充三津谷亮三浦涼介が登場。ゲストの出演スケジュールは公式サイトで確認を。

東啓介コメント

石丸さんとご一緒させていただくのは4度目なので、求められることのハードルがどんどん上がっていると感じています。そのおかげで新しい自分が見つかるかもしれないな、と感じています。ものすごく繊細なお芝居なので、そう言った部分と、身体を使って大きく見せる部分との差を求められています。
青野さんは、すごくレイチェルっぽいんですよね。さち子さんが「私の想像を超えてくれるペアを見つけたい」とおっしゃっていたので、二人で頑張りたいと思っています!
今日稽古場をご覧になってお分かりだと思いますが(笑)歌もお芝居も、今苦しんでお稽古している最中です。是非劇場で、この作品を通して成長した姿をご覧いただきたいですね。

青野紗穂コメント

この作品は一言で言うと出会いの物語だと思っています。
なので、稽古場でも、石丸さんに出会った事、東くんに出会った事を、毎回新鮮に感じるようにしています。
今はまだ発展途上ですが、自分が自分であり自分でない。時の数える幸せなどを、ご指導していただきながら、レイチェルを探しています。
いつもピリッとした緊張感と、そこに生まれる幸せを噛み締めています!

New Musical「Color of Life」

2019年4月26日(金)※プレビュー公演
神奈川県 相模女子大学グリーンホール 多目的ホール

2019年5月1日(水・祝)~27日(月)
東京都 DDD AOYAMA CROSS THEATER

脚本・作詞・演出:石丸さち子
作曲・編曲:伊藤靖浩
出演:東啓介青野紗穂

アフタートークゲスト
5月3日(金・祝)17:00:相葉裕樹
5月4日(土・祝)17:00:納谷健
5月9日(木)19:00:上口耕平
5月15日(水)19:00:松岡充
5月17日(金)19:00:三津谷亮
5月22日(水)19:00:三浦涼介

ステージナタリーをフォロー