ステージナタリー - 演劇・ダンス・ミュージカルのニュースを毎日配信

シベリア少女鉄道の“何は無くとも熱い”新作「いつかそのアレをキメるタイム」

220

シベリア少女鉄道の新作「いつかそのアレをキメるタイム」が、来年2019年2月6日から19日まで東京・赤坂RED/THEATERで上演される。

作・演出を土屋亮一が手がける本作では、“何は無くとも熱い芝居”をテーマとしたストーリーが展開。出演者にはデス電所の浅見紘至、ラブリーヨーヨーの加藤雅人、吉田友則、藤原幹雄、小関えりか、風間さなえ、濱野ゆき子、青年団の石松太一川井檸檬、美鈴あおいが名を連ね、メインビジュアルはマンガ「あげくの果てのカノン」(小学館)の米代恭が描き下ろしている。

なお本公演では“早めに観て人に勧めてねキャンペーン”を実施。2月11日までに観劇すると、特典として“おたのしみコンテンツ”入りの特製クリアファイルが会場でプレゼントされる。チケットの劇団公式サイト先行は12月1日12:00から7日23:59まで受け付けられ、一般販売は12月15日10:00にスタート。

シベリア少女鉄道 vol.30「いつかそのアレをキメるタイム」

2019年2月6日(水)~19日(火)
東京都 赤坂RED/THEATER

作・演出:土屋亮一
出演:浅見紘至加藤雅人、吉田友則、藤原幹雄、小関えりか、風間さなえ、濱野ゆき子石松太一川井檸檬、美鈴あおい ほか

ステージナタリーをフォロー