ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

中村優一らがVRと共演「メイクヒーロー」開幕に安達勇人「2.5倍笑って」

891

「メイクヒーロー DMM VR THEATER Version」ゲネプロより。

「メイクヒーロー DMM VR THEATER Version」ゲネプロより。

「メイクヒーロー DMM VR THEATER Version」が、本日4月3日に神奈川・DMM VR THEATERで開幕。これに先駆け本日、同所で公開ゲネプロと囲み取材が行われた。

ホログラフィック映像技術を生かし、バーチャルアイドルやアニメキャラクターなどのライブコンテンツを上演してきた同劇場が贈る本作。脚本・演出は保木本真也が担当し、俳優による朗読とVRのキャラクターたちが共演するステージを繰り広げる。朗読は安達勇人井深克彦柏木佑介北川尚弥輝山立中村優一が回替わりで3名ずつ登場して担当するほか、VRキャラクターの声を浪川大輔、田辺留依、前田玲奈、村井雄治が務めている。

シナリオライターの禄森欣也はある日、超大物声優・波風大輔に呼び出され、ある喫茶店に出向く。波風に「俺を主人公にした物語を作ってほしい」と高額な報酬を提示された禄森は依頼を引き受けるが、「締め切りは今日」と言われ……。本日のゲネプロでは、波風役を中村、禄森役を安達、2人の物語作りに巻き込まれる喫茶店のウエイター・山田宮里役を北川が務めた。

波風、禄森、山田が構想する物語は、スクリーンに映し出されるキャラクターたちによって具現化される。色鮮やかなグラフィックと共に、有名マンガのパロディを取り入れたストーリーがコミカルに展開した。波風を演じる中村は、映像のキャラクターの口の動きに合わせて声を当てながら熱演。安達と北川も、禄森と山田がストーリー作りに苦悩する様子を茶目っ気たっぷりに演じた。なお配役は当日までのお楽しみ。

また毎公演、本編終了後に本作の主題歌「Listen to Miracle」を歌うボーイズユニット・CUBERSによるライブが行われるほか、アフタートークショーも開催される。さらに終演後にはVRキャラクターによるお見送り会も行われ、写真撮影も可能となっている。

ゲネプロ後の囲み取材には中村、安達、北川、CUBERSよりTAKAと末吉9太郎が出席。北川は「読むというより芝居してる感覚。話は同じですが、チームによって雰囲気が変わるはず。どのチームを観ても楽しいと思います」と本作の魅力をアピール。また「波風がキャラクターに声を当ててるシーンが好き」と言う安達は、「役替わりで僕も波風をやることもありますが、演じ方が全然違うので見ていて楽しい。禄森を演じながら、僕も勝手に楽しんじゃってます!」と笑顔で述べた。続いて中村は「朗読劇でこんなに汗かく?ってくらい汗をかきました。自分の汗で台本が見えなくなっちゃった」とゲネプロを振り返る。さらにスクリーン越しでは観客の反応がわかりにくいことに言及した中村が「大きめに笑ってほしいですね」とコメントすると、安達が「2.5倍くらいでね!」と続け、会場の笑いを誘った。

記者から「もし自分がゴーストライターを頼まれたら、どんなストーリーにしたいですか?」と作品にちなんだ質問が飛ぶと、末吉は「幼稚園の頃から友達がいないので、友達がいっぱいの主人公になりたい」、TAKAは「主人公になって日の目を見たい」と回答して記者たちを笑わせる。さらに安達は「自分がモテる脚本を書きたいですね。どこにいっても“キャーキャーキャー”のやつ。人だけじゃなくて動物とか、何にでもモテる。僕が座ったらそこに花が咲くとか、ファンタジーの世界を作りたい。争いはいらない!」と身ぶり手ぶりを交えて熱弁を振るい、会場を爆笑で包んだ。

なお「メイクヒーロー DMM VR THEATER Version」はDVD化が決定しており、公式サイトでは5月27日まで予約を受け付けている。また本作は4月16日から7月1日まで、DMM.com動画にてキャストコメント付きで配信される予定だ。上演は休憩なしの約1時間。公演は4月8日まで行われる。

「メイクヒーロー DMM VR THEATER Version」

2018年4月3日(火)~8日(日)
神奈川県 DMM VR THEATER

脚本・演出:保木本真也
出演:安達勇人井深克彦柏木佑介北川尚弥輝山立中村優一
声の出演:浪川大輔、田辺留依、前田玲奈、村井雄治
ライブ出演:CUBERS

ステージナタリーをフォロー